FC2ブログ

狭い園庭!?

当園の園庭は広いものではありません。

この1週間の様子です。
今週の中央部では緑色の柵の右手側はスケーターのコーナーです。
左手側では縄跳びのコーナになっています。
2020-02-14-003df.jpg

上の写真の範囲から下側では滑り台や雲梯があります。
2020-02-14-002df.jpg

雲梯の右手側にはママゴトコーナーになっています。
2020-02-14-004df.jpg

スケーターのコーナーでは思いっきり走って競争です。年長も年中も年少も混じり合って走っています。
2020-02-14-007df.jpg

ここは縄跳びのコーナー。年少児はまだうまく跳べませんが、年中児や年長児の縄跳びの行動を見て大いに影響を受けています。
2020-02-14-001df.jpg

スケーターのコーナの隣(園庭の中では南側)には砂場があります。砂場の周辺には鉄棒や棒登りの遊具などがあります。
2020-02-14-005df.jpg

これらのコーナー以外にも自由に描ける<絵のコーナー>などやジャングルジムなどの遊具、植物が点在しています。

これらのコーナーの間を鬼ごっこやらで走り回っている子どもたちがいます。

ここ1週間は園庭の中央はスケーターのコーナーでしたが、来週からは別の活動のコーナーになります。常に同じ活動ではなく週毎に変わっていきます。

ざっとご覧いただいたように、当園の園庭では<運動場>といった<空き空間>はありません。
幼児期の子どもたちにとって、遊具など遊びのきっかけをもたらす物がない、だだっ広い空間は、<楽しい所>でしょうか?
行動(その一つが遊び)を誘発する物がない所では、行動が生じません。また仮になにかが始まったとしてもすぐ終結してしまいます。

一般に<広い運動場があると、子どもの「のびのびとした活動」が始まる>と思われているようですが、大人の勝手な妄想です。


縄跳びーでき始め〜多彩な跳び方

年長児は縄跳びをいろいろな跳び方で楽しんでいます。

二人跳びー<二人で縄を絡めて一緒に跳ぶ>
2020-01-31-001df.jpg

2020-01-31-002df.jpg

2020-01-31-004df.jpg

2020-01-31-026df.jpg

2020-01-31-027df.jpg

2020-01-31-028df.jpg

2020-01-31-029df.jpg

2020-01-31-030df.jpg

二人の呼吸が合い、縄の回しも跳ぶタイミングも揃って、上手なものです。
子どもたちの嬉しそうな顔も印象的です。

年長児が2年前、年少の今頃はどうだったのでしょうか?
私の幼稚園では年少の2学期後半ごろから縄に親しむ活動を始めています。
初めは丸めた縄を投げたり、縄をお尻につけて、尻尾とりゲームをしたり・・・と遊んできました。
次第に縄を回して跳ぶー縄跳びに誘ってきています。

現在の年少児です。

頭上から下へと縄を回します。
2020-01-31-036df.jpg

2020-01-31-037df.jpg

足元に動く縄を跳び越すのですが・・・
2020-01-31-038df.jpg

縄を跳び越すと同時に、縄を頭上にあげる腕の動作がなく、まだ未完成です。
2020-01-31-039df.jpg

縄が頭上に行かずに一連の動作は終了です。


もう一人の年少児です。

2020-01-31-047df.jpg

足元に来た動く縄をうまく跳び越しました。
2020-01-31-048df.jpg

縄を動かす腕の動作が縄を頭上に回してきました。
2020-01-31-049df.jpg

縄が完全に回りきらず、跳ぶ足の動作とタイミングがずれてしまっています。
2020-01-31-050df.jpg

一連の動作が終了です。
2020-01-31-051df.jpg

現在一連の縄跳びの動作ができている子はまだですが、もう一息の状態です。
縄を回す動作が難しいのです。
肩ー肘ー手首ーの動作の統合としての腕の動作の発達に関連しています。

以前に書いた記事<縄跳びー腕の動かし方>をご覧ください。

また腕の動作と楽器、道具などとの関連の記事の「カテゴリ」ー<動作ー身体の動き>もご覧ください。

鬼退治

もうじき節分ですね。

鬼を描いて
2020-01-20-001a7-2.jpg

2020-01-20-006a7-2.jpg

2020-01-20-009a7-2.jpg

鬼を貼り付けて
2020-01-20-010a7-2.jpg

たくさんの鬼がいる<鬼ヶ島>になりました。
2020-01-20-011a7-2.jpg

新聞紙を丸めて作ったボールを鬼めがけて投げます。
2020-01-20-014a7-2.jpg

あ〜おもしろい! 楽しい!

毎日鬼退治でボール投げ、次第に投球のフォームが整ってきます。

ボールを使う動作ーな〜に?

ボールを使う動作ーいろいろありますね。

投げる  蹴る  転がす  打つ  受け取る

投げる
2020-01-14-047a7-2.jpg

受け取る
2020-01-14-016a7-2.jpg

2020-01-14-017a7-2.jpg

お互いに投げ、受け取る
2020-01-14-046a7-2.jpg

2020-01-14-037a7-2.jpg

2020-01-14-038a7-2.jpg

蹴る
2020-01-14-011a7-2.jpg

2020-01-14-010a7-2.jpg

ボールにもいろいろな形がありますね。

丸いボール
2020-01-14-049a7-2.jpg

楕円形のボール
2020-01-14-051a7-2.jpg

丸いボールは転がって遠くまで行きます。
見失ってしまうかもしれません。

楕円のボールは不規則に転がり、遠くまで行く可能性は少ない。

教師と一緒に行うのであれば、転がって行っても見失う可能性は少ない(教師が行き先を見つけてくれる)でしょう。

子ども達だけで活動している(教師はいません)場合では、遠くまで転がって見失う可能性の少ない楕円形のボールの方がたくさん活動できるでしょうね。

教師などいなくても、自分たちで活動するには、楕円形のボールを使ったほうが長く活動できるでしょう。
そんな場合には、丸いボールは出さなくて、楕円のボールだけにしておくのも一つの方法でしょう。

冬の園庭

冬休み中です。

落ち葉は風に吹かれて吹き溜まりにかたまっています。
2019-12-31-009a7-2.jpg

2019-12-31-013a7-2.jpg

2019-12-31-014a7-2.jpg

彩度の鮮やかな落ち葉はなく、くすんだ彩りです。
<冬らしい>といえばいいのかな?

ざくろには実がいっぱいついています。
2019-12-31-007a7-2.jpg

2019-12-31-001a7-2.jpg

2学期の終わり頃、ざくろの実に、クラス名札をつけておきました。
<大きくなったらみんなで食べようね>と。
3学期になったらみんなで食べようね!

ほのかな<甘い>香りが漂っています。
2019-12-31-020a7-2.jpg

幼稚園の入り口のそばに水仙の群れがあります。
登園したら子どもたちは気づいてくれるでしょうか?

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
リンク
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR