園底には紅葉した桜の葉がいっぱい落ちています。風に吹かれ、吹きだまりの所にいっぱい集まっています。
朝、子ども達の登園の前準備をする際、園庭の落葉は片付けずそのままにしています。

さて園庭の小さな滑り台では、上では滑り面にドングリを転がして遊ぶ子ども達、
下の空間では・・・
2017-11-16-022a7-2.jpg

年少児が落葉と砂で遊んでいるようです。
2017-11-16-024a7-2.jpg

ひとりのこどもは葉っぱをちぎって、またちぎって、何枚も葉っぱをちぎっています。
2017-11-16-013a7-2.jpg

2017-11-16-015a7-2.jpg

落葉が砂の上にまとまってきました。大きなケーキができたようです。
2017-11-16-017a7-2.jpg

そこへ、「おもしろそうだな〜」と年長児
しばらくして、片付けの時になりました。
壊すのがもったいないようです。
タライで覆いました。
2017-11-16-027a7-2.jpg

秘密にしたいようです。
そこで私が紙とクレパスを持ってきて年長児に渡しました。
2017-11-16-028a7-2.jpg

年長児の文字を書く様子を興味深く眺める年少児。声をあげながら書いたので、年少児も文字の意味することがわかったようです。
2017-11-16-030a7-2.jpg

翌日の朝、登園してきたこども達。
年長児はタライの上の文字を読み取って、そのままに・・・こっそりタライを上げて覗く子・・・
文字を書いた子が登園して、タライを外してお終い。

こんな遊びの中に、いろいろな要素が含まれていますね。
小学校以降にみられる、単純な<教科型学習>ではみられないことでしょう。

いろいろな場所で子ども達が行なっている、いろいろな行動。ややもすれば見過ごしてしまうもの。
こんな事柄に目を向けていきたいですね。そしてこんな事柄に大人ももっと注目してほしいものです。
別の所にあった<絵のコーナー>を<お家>の近くに移動しました。

2017-11-10-012df.jpg

2017-11-10-003df.jpg

<お家>を描こうと誘いかけていきました。

そんななかの一こま

2017-11-10-006df.jpg
<僕のお城>(年中児)です。
2017-11-10-008df.jpg

画面の中央にある緑は<お家>です。(年少児)
2017-11-10-009df.jpg
周りにチューリップのような形をいっぱい描いています。
「わたし、お花もいっぱいかけるのよ!」
2017-11-10-010df.jpg
「どう!すてきでしょう!!」
2017-11-10-015df.jpg

<お家>で<ごっこ遊び>すること、そこには社会生活の模倣、社会生活に必要な知識、習慣の獲得(前回のような靴の整頓等・・・)など、子ども達のいろいろな面が見られます。(教師をはじめとする大人達の強制的な指図などありません。)

<絵のコーナー>を隣接することで、新たな<空想の世界>へ展開していきました。

全園児全てが絵を描き<空想の世界>へ進んでいかなくてもいいんです。
絵を描かなくても<ごっこ遊び>の<空想の世界>にいることで満足しているこどもだっています。
そんなこどもに<強制的に>絵を描かせたって<いやな気持ち>を植え付けるだけかもしれません。

描いた絵は皆の見える所に展示しています。そして一言コメントを添えて担任が他の子ども達に紹介する機会を設けています。絵に興味のなかったこどももちょっとは興味を示してくれるように!

(日本の教育で一般的にみられる<一斉授業(保育)>は全員が同じ活動をしなければならない、<関心のない者にとって>苦痛の時間でしょうね。全員が興味や関心をもてるような配慮をして行なっているのでしょうか?)
運動会の前後しばらくの間、跳箱を跳び越えたりして運動の器具として使ってきました.

跳箱の用途は運動器具だけではありません。
先々週から跳箱を並べて<壁>にして<お家>の空間を作っています。
子ども達と<どんな物があったらいい?>と相談しながら作っています。
初めの週は<台所>で<ままごとセット>を用意しました。
次週からは<寝る所><トイレ>などの要望が出て、ままごとセットは片付けました。

2017-10-31-003a7-2.jpg

玄関です。靴箱も用意しました。
2017-10-31-006a7-2.jpg

玄関を入ったら、<ホール>です。
<ホール>の左手にはベッドを置いて寝室です。
2017-10-30-026a7-2.jpg

<ホール>の右手はトイレです。
2017-10-30-025a7-2.jpg

<ホール>での遊びは?
2017-10-30-030a7-2.jpg

跳箱によじ登って、跳び降りる!
2017-10-30-036a7-2.jpg

何度も繰り返します。
2017-10-30-039a7-2.jpg

<玄関>での様子は?
2017-10-30-049a7-2.jpg

靴を<下駄箱>に入れます。
2017-10-30-032a7-2.jpg

靴だけでなく靴下も脱いだり、はいたり・・
2017-10-30-045a7-2.jpg

日常の生活に必要な<衣服の着脱>の練習につながっています。

下駄箱の様子は?
脱いだ靴はグチャグチャの状態でしょうか?
イエイエ、綺麗に整頓されています。
2017-10-30-040a7-2.jpg

「靴をきれいに並べましょう1」なんて声を掛けていないにもかかわらず!!
まわりの状況から、子ども達一人一人が<靴を綺麗に並べる>という必然性も持っているのですね。

周りの大人があれこれ「言葉で」細かなことを指図するのではなく、
子どもにとって、<必然性>をもった状況をつくることが大切でしょう。「言葉」は添え物です。

大人は「言葉」でコントロールしようとしがちです。
「言葉」でコントロールされたことは身に付きません。
<しつけ>のヒントです。
強風と大雨の台風が過ぎ去りました。

木々の枝には、吹き飛ばされずに、まだ残っている葉もたくさんあります。
2017-10-23-018a7-2.jpg
桜は翠のものもあれば、黄色や赤になど紅葉しかかったものもあります。

松で枝に残っているものはほとんどが翠。
2017-10-23-012a7-2.jpg

強風と大雨で枝から振り落とされた葉は、地面に流れる雨の水流に流され、まとまった形になっています。
排水溝に溜まった桜の落葉
2017-10-23-010a7-2.jpg

排水溝に溜まった松の落葉
2017-10-23-011a7-2.jpg

同じように強風と大雨に晒されても、枝に残っている葉もあれば、落葉となっているものもある。
地面に流れる水流に流されても、どれも同じように流されるのではなく、各葉毎異なる動きをしていたことを物語っています。

しかしまったくバラバラに散って、バラバラに流されているのでなく、あるまとまりをとっているようです。
個々の葉の動きは、それぞれ異なっていて多様であるけれど、全体としてはある<法則性>にのっている、と言えるのでしょう。

人間の行動も同じような状況でしょうか。
台風のような外部からの様々な状況に、個々の個人はそれぞれ反応しているけれど、全体としてはある種の<まとまりのある>パターンに集約されるのでしょうか。

奇しくも台風通過と衆議院議員選挙が重なりました。
選挙の結果も幾つかのパターンに集約されそうです。(政治評論家さん達の活躍の場ですね)

子ども達の行動も全く一様でなくても、全体とすれば<集約>されていくのでしょうか。
あえて一様になるように仕向けなくても、多様性を含んだ<集約>に向かっていくのでしょうか。
多様性を残した<集約>に意義を見出したいものです。
ダイナミックな<ドングリ落とし>

高さ2m50cmの階段の踊り場から地面まで塩ビのパイプを取り付けました。
2017-10-04-002df.jpg

パイプの地面側にはタライを置いて、落ちてくるドングリを受けます。
2017-10-04-005df.jpg

コップにドングリを入れて、階段を上って
2017-10-04-019df.jpg

パイプの上端の穴からドングリを投入します、
2017-10-04-008df.jpg

2017-10-04-014df.jpg

ドングリがパイプを通る音(ガラガラ〜)、パイプから勢いよく飛び出てタライにぶつかる音(バチバチ!)・・面白い!
2017-10-04-017df.jpg

タライに落ちたドングルを拾いコップに入れ、階段を登り、パイプの上端の投入口にドングリを流し込み、
急いで階段を下り、タライのドングリを拾いコップに入れ、階段を上り、パイプの上端の投入口にドングリを流し込み、・・・なんども繰り返します。

タライにはちょっとした工夫がしてあり、ドングリが勢いよく落ちてきてもタライの外に出ないようにしてあります。
拾い集めたドングリはコップに入れて移動します。
繰り返し<ドングリ落とし>をしても、ドングリの量はほとんど減りません。
だから何回も遊べるのです。
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

最新記事
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア