FC2ブログ

身の回りの環境から受けること

立秋を過ぎたとはいえ、夏真っ盛りの今日この頃です。

朝顔が咲き、
2019-08-06-004df.jpg

木々からはセミの大合唱が聞こえてきます。
2019-08-10-008df.jpg

2019-08-10-006df.jpg

午後になると、オシロイバナが開花しています。
2019-08-10-001df.jpg

いつもなら春にタネをまいたヒマワリが開花している頃ですが、今年は発芽した頃、カラスにほとんど食べられてしまいました。
5月の中旬にもう一度タネをまいたので、まだ開花の前です。
2019-08-06-002df.jpg

2019-08-06-006df.jpg

ヒマワリの前に立てているのは年長児、年中児が描いた<ヒマワリ>の<名札>です。
<ひらがな>などの文字で<名札>を書いても園児にとって<意味>あることでしょうか?
これから咲く状況を反映した<絵>としたことは、文字記号と違って園児に直接訴える記号となっているでしょう。
「いまは、はっぱだけだけれど、もうじき、はながさくんだよね・・・・」

大人は記号としてすぐ<文字>に頼ろうとしてしまいます。無意識のうちに!
しかし、文字から得られる情報は、ごく限られたものしかありません。
視覚、聴覚、・・・・五感を通して得られるをもっと大切にしていかなければなりません。

木々から、<ジージージー、シャーシャーシャー・・・・>と聞こえて、目を凝らして音の方向を探すと、セミの姿を発見!
大人から「セミ」という名前を聞き、<セミ>という概念を形成していく。さらにセミ取りを通して、鳴くセミと鳴かないセミがあったり、アブラゼミ、とかクマゼミとか種類があったり、・・・・<セミ>という内容を豊かにしていく・・・・
まさに、身の回りの環境から、感覚を通して様々な情報を受け、また受けた情報からフィードバックして環境と関わって、さらに豊かな内容に変わっていく。・・・・
そこに話し言葉、聞き言葉が<記号>として介在してきます。<文字化>などはもっと後で十分でしょう。文字は大変便利なものですが、ごく限られた情報量しかありません。言語学者ソシュールが考察したのは話言葉、当然のことでしょうね。

幼児教育でも文字など記号を教える状況が多くなってきています。
そんなのは後回しにして、もっと直接体験を多く!と、訴えたくなります。
そして直接体験がたくさんできる環境の下で!

秋には赤い実がなるよ!(モチノキ)
2019-08-10-009df.jpg

もうじき大きな桃色の花が咲くよ!(芙蓉)
2019-08-10-011df.jpg


身の回りの環境

私の園では、園庭の植物にはあまり手をかけないで<ほったらかし>にしています。
2019-07-29-022df.jpg

色々な植物が成長し、日陰を作ったり、花を咲かせたり、実をつけたりしています。
2019-07-29-004df.jpg

2019-07-30-167df.jpg

2019-07-29-028df.jpg

今、木々からはセミの鳴き声の大合唱が聞こえています。
2019-07-29-017df.jpg

網を持ってセミ捕りです。
2019-07-17-007e3.jpg

2019-07-17-008e3.jpg

どんな網でしょうか?
2019-07-16-002e3.jpg

棒は七夕飾りをつけた後の竹の棒。
レジ袋を針金ハンガー(クリニーング後ついてきます)につけて棒につけたもの。
身近な素材で作ったものです。

手付かずの身近な植物に誘われてどんな遊びを見つけようか?
楽しみです。
飽きることのない環境に感謝!

雨上がりの朝

6月末からほとんど晴れ間がありません。
今日も早朝まで雨が降っていました。登園する頃、日が射してきました。
園庭の水溜りにスコップを持った子ども達が集まりました。

2019-07-17-007a7-2.jpg

はじめは、ただ水溜りを掘っているだけでしたが
2019-07-17-003a7-2.jpg

次第に水溜りに手を入れて、団子作りになっていきました。
2019-07-17-014a7-2.jpg

きれいに並べて
2019-07-17-015a7-2.jpg

きれいにたくさん並びました。
2019-07-17-021a7-2.jpg

そのうちもっとたくさんの団子が並ぶと、団子が繋がって<お好み焼き>、<ピザ>になってしまいました。
2019-07-17-024a7-2.jpg

葉っぱに団子を包んで
2019-07-17-025a7-2.jpg

<笹団子>の完成(きっとこの子どもはそんなお菓子を食べたんだろうな)
2019-07-17-027a7-2.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎日幼稚園でいっぱい遊んで、降園=<家路>、家について疲れて<子守歌>に誘われておやすみ・・・・
そんな光景をグリーグの叙情小曲集に重ねてみました。

<家路>作品62の6


<子守歌>作品38の1



梅雨の花=ツユクサ

今年もアサガオやヒマワリのタネを蒔きました、発芽し成長しています。
タネを蒔かなくても園庭には様々な植物が見られます。

今年はツユクサがたくさん成長しました。
もともと園庭にはなかったのですが、20年以上前園外から採取して植えたものの子孫です。
2019-07-03-005a7-2.jpg

朝、可憐な小さい花を咲かせています。
2019-07-03-002a7-2.jpg

2019-07-03-027a7-2.jpg

目立たない小さい花ですが、透き通った青が今の季節に爽やか雰囲気を漂わせています。

しかし、午後になると、あの可憐な花はどこに行ったの?
2019-07-03-036a7-2.jpg

2019-07-03-046a7-2.jpg

午後になるとしおれてしまいます。
ますます目立たなくなってしまいます。

大きく目立つ花だけではなく、こんな可憐な花にも注目させていきたいですね。

人間でも同じ!大きく目立つ存在だけでなく、ひっそりとではあるけれど、それなりの存在感を持っているものがいっぱいいるんだと、目を向けていきませんか!!

伝達方法、制約

リストがベートーベンの9つの交響曲を全て1台のピアノでの演奏に編曲しています。

どんなものだろうか?と2組のものを買って聞いています。

リストの時代の頃のピアノを使った演奏。リストと同時代の人々はこんな風に聴いていただだろうか。
img077.jpg

現代のピアノを使った演奏では
img078.jpg

ピアノを弾けるわけでもなく、楽譜ももう読めなくなってしまっているので、聴いた感想でしかありませんが、オーケストラで聴くものと全体の音楽は同じ。ベートーベンがそこにいるのと変わらない。
しかしピアノだけでの制約がありますね。オーケストラではもっとダイナミックに鳴っている、音色の変化があり、・・・・
それにしてもピアノだけでベートーベンの交響曲を全て伝えられることの凄さ!

なぜリストはこんな高度な編曲を行ったのでしょうか?
解説本など見ていないので、私の感想です。

リストの時代、オーケストラがある都市の人しか聴けなっかたでしょう。
オーケストラが根拠地を離れて演奏旅行をすることも稀だったでしょう。
ごく限られた人しか聴く機会がなかったことでしょう。

オーケストラの存在しない<田舎>の住人はオーケストラのある都市に出かけるしかなかったのでしょう。
音楽の知識があれば、出版されている楽譜を手に入れればなんとなく想像はできたでしょうが。

そこでオーケストラとはいかないまでも、ピアノ1台あれば<田舎>でも直接音として聴く機会がもてる、こんなことがきっかけの一つになっているのでしょうね、きっと。

音楽の伝達、リストの時代はテレビ、ラジオ等の放送、CDをはじめとする音楽録音媒体、インターネットなどがあるわけでなく、演奏者と聴衆は同じ場所で同時刻で共有していなければ成立しませんでした。

現在は、同じ場所で同時刻というライブ演奏会、それ以外にライブ演奏を再現する手段が多々あります。私たちはライブ演奏を直接体験するよりも、再現される演奏で多くの音楽体験をしていますね。ライブ演奏を再現する技術的な発展は目を見張るものがあります。

過去に遡れば伝達の手段はいろいろな制約を受けています。
楽譜として出版する。リストはピアノに編曲する・・・・・

制約はマイナスばかりではないでしょう。
100%コピーできないのだから、そこに取捨選択、本質を際立たせるためのデフォルメも含めた変容・・・・・
そんなことがあるから元のものとは別な意味合いを持って迫ってくるのでしょう。
あるオーデオ評論家がレコード再生を<レコード演奏家>と称していたのもこんなことに関係しているのでしょうね。

私たちは直接体験する以外に、間接ですが、直接体験とほとんど変わらない体験を、場所と時間にとらわれずに受けるようになってきています。受ける身にとって、はたしていいことなのでしょうか?
そこに疑問を感じてしまいます。
直接体験と擬似体験が差がないものとなったら、感覚はどうなってしまうのだろう?
本質を見極めるための取捨選択、などの工夫などの思考の働きは?

便利すぎていい世の中!なんて、実は人間を否定するような悪い世の中!と思ってしまいます。

子ども達には、適度に<不便な>環境が必要と思ってしまいます。
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
リンク
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR