FC2ブログ

伝達方法、制約

リストがベートーベンの9つの交響曲を全て1台のピアノでの演奏に編曲しています。

どんなものだろうか?と2組のものを買って聞いています。

リストの時代の頃のピアノを使った演奏。リストと同時代の人々はこんな風に聴いていただだろうか。
img077.jpg

現代のピアノを使った演奏では
img078.jpg

ピアノを弾けるわけでもなく、楽譜ももう読めなくなってしまっているので、聴いた感想でしかありませんが、オーケストラで聴くものと全体の音楽は同じ。ベートーベンがそこにいるのと変わらない。
しかしピアノだけでの制約がありますね。オーケストラではもっとダイナミックに鳴っている、音色の変化があり、・・・・
それにしてもピアノだけでベートーベンの交響曲を全て伝えられることの凄さ!

なぜリストはこんな高度な編曲を行ったのでしょうか?
解説本など見ていないので、私の感想です。

リストの時代、オーケストラがある都市の人しか聴けなっかたでしょう。
オーケストラが根拠地を離れて演奏旅行をすることも稀だったでしょう。
ごく限られた人しか聴く機会がなかったことでしょう。

オーケストラの存在しない<田舎>の住人はオーケストラのある都市に出かけるしかなかったのでしょう。
音楽の知識があれば、出版されている楽譜を手に入れればなんとなく想像はできたでしょうが。

そこでオーケストラとはいかないまでも、ピアノ1台あれば<田舎>でも直接音として聴く機会がもてる、こんなことがきっかけの一つになっているのでしょうね、きっと。

音楽の伝達、リストの時代はテレビ、ラジオ等の放送、CDをはじめとする音楽録音媒体、インターネットなどがあるわけでなく、演奏者と聴衆は同じ場所で同時刻で共有していなければ成立しませんでした。

現在は、同じ場所で同時刻というライブ演奏会、それ以外にライブ演奏を再現する手段が多々あります。私たちはライブ演奏を直接体験するよりも、再現される演奏で多くの音楽体験をしていますね。ライブ演奏を再現する技術的な発展は目を見張るものがあります。

過去に遡れば伝達の手段はいろいろな制約を受けています。
楽譜として出版する。リストはピアノに編曲する・・・・・

制約はマイナスばかりではないでしょう。
100%コピーできないのだから、そこに取捨選択、本質を際立たせるためのデフォルメも含めた変容・・・・・
そんなことがあるから元のものとは別な意味合いを持って迫ってくるのでしょう。
あるオーデオ評論家がレコード再生を<レコード演奏家>と称していたのもこんなことに関係しているのでしょうね。

私たちは直接体験する以外に、間接ですが、直接体験とほとんど変わらない体験を、場所と時間にとらわれずに受けるようになってきています。受ける身にとって、はたしていいことなのでしょうか?
そこに疑問を感じてしまいます。
直接体験と擬似体験が差がないものとなったら、感覚はどうなってしまうのだろう?
本質を見極めるための取捨選択、などの工夫などの思考の働きは?

便利すぎていい世の中!なんて、実は人間を否定するような悪い世の中!と思ってしまいます。

子ども達には、適度に<不便な>環境が必要と思ってしまいます。

リレー!バトンは何?

先週から園庭にスケーターと一輪車が出ています。

これらの遊具を使っていると、楽しみながら身体全体のバランス感覚を養うことにつながります。
幼児期の運動領域で大切なことはバランス感覚を養うことです。
色々な身体運動の基礎になります。そして身の安全にもつながります。

4月に入園した年少児もなんとかバランスをとって乗りこなすようになってきました。
2019-06-11-038a7-2.jpg

2019-06-11-045a7-2.jpg

こちたは一輪車
2019-06-12-081a7-2.jpg

さて年長児や年中児では2つのグループに別れて、棒状のバトンを引き渡してリレーをよく行っています。

今回は一つのグループは棒状のバトン、他方はスケーターをバトンにして行いました。
どっちが速い?と問いかけると、<スケーター!>あるいは<走るの!>と答えはバラバラです。

よーいドン!
2019-06-12-064a7-2.jpg

2019-06-12-071a7-2.jpg

みなさん、どっちが速いと思いますか?
2019-06-12-072a7-2.jpg

バトンを持った子がスケーターを追い越そうとしています。
2019-06-12-077a7-2.jpg

追い越しました!
2019-06-12-078a7-2.jpg

勝っても、負けても楽しさいっぱいです。

今度はスケーターと一輪車です。

どっちが速いでしょうか?

よーいドン!
2019-06-14-008df.jpg

一輪車がスケーターを追い抜いて行きます!
2019-06-14-011df.jpg

どちらが速いか?頭で想像してもわかりません。やってみたらすぐわかります。
でもどうして?子ども達も考えています。

頭も身体も使って楽しく!
こんな形式の学習、もっとたくさんやろうね!

同じでなければいけないの?!

日本の教育では一斉学習が主ですね。

学習集団(クラスなど)全員が同じ時間に同じ内容を学習する(時間割に沿って)・・・・・・・
一斉学習が成立するとする根拠はなんでしょうか。
学習集団(クラスなど)の構成メンバーが同一の能力を持っている、ということでしょう。
だから教師の指導で全員が同じように理解し学習できる、ということなのですね。
学習集団は年齢で区切られていて、同じ年齢であれば同じような能力を持っているとみなされているのでしょう。
先生が一通りの指導をすれば、同一の場所で同一時間に、多数の子ども達が同じように学習できるのは効率がいいでしょう。
昔の寺子屋のように個別指導がメインであったら、非効率!

時間割に沿った一斉学習体系、小学校以降ではメインなものでしょう。
幼稚園や保育園での幼児教育においても然りかもしれません。

全員が理解できるように教師も努力を傾けているでしょう。
しかし、現実は思うようにはうまく効率よく進みません。
何故なら、前提になっている集団の構成メンバーの同一視が現実的ではないのです。
<先生は一所懸命やっているのに!><(できるはずなのに)できないのは子どもが悪い!>となってしまうことも珍しくありません。
学習の成果だけではありません。「ふざけている、・・・集中していない・・・・」などの態度も子どものみの責任にされる場合も多いでしょう。

自然界で同一とみなされる集団はそんなに多くはないのでは。条件によっていかようにも変わりうる・・・・・

今園庭ではバラが満開です。同じ幹から咲いています。花が同じように咲いている、と見なすか、もう萎れかけている花もあれば、これから満開を迎えるものもある、多様だな、と見なすこともできる。
2019-06-08-008a7-2.jpg

同じ幹から咲き始めているアジサイも同じ。ほぼ満開に近いもの。
2019-06-08-012a7-2.jpg

これからのもの。今この幹からは同じように開花の時期だと、見なすか、早く咲く花もあれば、これからのものもある、多様だな、と見なすこともできる。
2019-06-08-013a7-2.jpg

人間だって同じこと。
効率を求める一斉学習ばかりでなく、多様な学習形態が必要です。
同一年齢での子どもの特質、これを踏まえて個々の子どもの特質・・・・・
子どもの遊びにはそんなことを気づかせてくれることがいっぱいありますよ。

手前の帽子をかぶった二人の女児は砂を使った<遊びに>夢中。背景の子どもたちは、教師の誘いで棒登りに挑戦!
2019-05-31-091a7-2.jpg

2019-05-31-092a7-2.jpg

2019-05-31-093a7-2.jpg

2019-05-31-094a7-2.jpg

2019-05-31-095a7-2.jpg

2019-05-31-096a7-2.jpg

子ども達の興味の対象も違えば、遊び(活動)での満足感も異なります。

一斉学習だけでなく、こんな遊びの一コマ一コマに大人の私たちも意義を見出したいですね。

悲しい事件

散歩中の保育園児の信号待ちの列に衝突した車が突っ込み園児が亡くなりました。
またスクールバスを待つ小学校の生徒の列に刃物を持った男が襲いかかり、小学生と保護者の方が亡くなりました。
いずれも大変痛ましい事件で被害に遭われた方の無念さ、関係者の方の悲しみ、無念さには想像を絶するものがあります。
その場に居合わせなかった我々にも衝撃で、悲しみをどうすることもできない悔やむ気持ちでいっぱいです。

日本国内から世界に目を向ければ、学校内での銃の乱射、宗教を装う無差別テロなど無防備な人々が巻き添いになる事件が頻発しています。

人個人の問題、社会的な存在としての人、様々な要因で事件が発生し、後を絶ちません。
これらの事件を防ぐ方法として、対処療法的な対策、道路と歩道に防止柵を設ける、警察などによるパトロール、検問、・・・等が必要となりますが、並行して根元的な問題を提起しなければならないでしょう。

例えば、車社会の便利さに潜む危険性。車社会を根元的に見直す必要性もあるのではないでしょうか。ひいては何気なく私たちがどっぷりと浸かっている<便利さ>。<便利さ>を疑って見る必要性もあるのでは。24時間営業のコンビニの<便利さ>などなど。

無差別的なテロに対する根元的な問題とは?
人間や社会に対して何気ないことにも意識してみることでしょうか。差別とは何か、何が差別を引き起こすのか。なぜこんな格差のある社会になってしまうのか。なぜこんな社会に対して無為無策な<アホの極み>みたいな政治家を選んでしまうのか。・・・・・

屈託のない無邪気な子ども達が、突然降りかかってくる理不尽な危険な状況などのない社会で生きていてと願うばかりです。
2019-05-31-007a7-2.jpg

2019-05-31-008a7-2.jpg

2019-05-31-009a7-2.jpg

2019-05-31-010a7-2.jpg

2019-05-31-011a7-2.jpg

そして子ども達ばかりでなく大人も。

テレビ等の報道を見てちょっと思うことがあります。
事故現場に哀悼の意を込めて多くの方々が花束や品々を持参して被害者に手向けています。
形のある物を捧げることで気持ちをを伝えるという行為を否定するつもりはありませんが、現実の問題として手向けられた品々はその後どのようになるのでしょうか。
記帳台等を置いて、そこに気持ちを伝える方法もあるのではないでしょうか。

親しかった方が亡くなり、遺族の方から墓地を教えていただき墓参をしました。花束を用意し墓参しようと思っていたら、遺族の方から、墓には花等を手向けないでほしいと言われました。管理者が毎日管理できる墓所ではないので周りに迷惑がかかるからということでした。墓に手を合わせ気持ちを伝えて参りました。少々寂しくもありましたが、気持ちを伝えることができ、物を手向なくてもよかったと思いました。

ごきげんななめのてんとうむし

園庭の樹木の葉の裏には<アブラムシ>がべったりと付いています。
2019-05-24-001a7-2.jpg

テントウムシの幼虫が<アブラムシ>を食べているようです。
2019-05-24-004a7-2.jpg

テントウムシのサナギも
2019-05-24-008a7-2.jpg

そこで思い浮かべる絵本はエリックカールの<ごきげんななめのてんとうむし>
2019-05-24-010a7-2.jpg

2019-05-24-011a7-2.jpg

<アブラムシ><テントウムシ>のそばで絵本を観ました。

この絵本は初めの数ページ以降は時刻と太陽の位置の関係など時刻に関する話題に移っていきます。
もうじき<時の記念日>
今の季節にぴったりの絵本ですね。

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
リンク
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR