FC2ブログ

お母さん、お化粧して綺麗!

お母さんの顔を描く季節となりました。

年長児はペンで顔を描いた後、
コンテパステルを使って、「お母さんを<綺麗に>お化粧をしようね」と誘いかけています。

この子どもはペンで髪も丁寧に描いていきます。
2019-04-22-006df.jpg

そしてコンテパステルを使って、頬や髪も素敵に彩色していきました。
2019-04-22-008df.jpg

できたー! 素敵なお母さんですね。
2019-04-24-039a7-2.jpg

別の女の子は色々な色を使って顔を彩色していきます。
2019-04-24-024a7-2.jpg

綺麗な色とりどりの色で<綺麗な>顔でしょう!
2019-04-24-030a7-2.jpg

色々な色を試して<綺麗>ってなんだろう?と確かめてるようです。

ある男の子は、色を重ねて、指でこすって混ぜていきます。
2019-04-24-018a7-2.jpg

お母さん、手でほっぺたを撫ぜているよ!
2019-04-24-019a7-2.jpg

出来上がったお母さん!
2019-04-24-034a7-2.jpg

紹介したのは3名ですが、このようにして色とりどりのお母さんがたくさんできました。
描きあげたら、すぐに教室に掲示しています。
2019-04-24-046a7-2.jpg

どの子の絵も素敵でしょう。
<現実の顔の色に似ている、いない>ことなど、気にしていないようです。
<綺麗>って子どもにとって様々なのですね。

年齢を重ねていくと、<綺麗>も固定化してしまい、似たようなものになりがちですね。
この時期の子供たちは言葉の意味、概念を確かめているのです。
一人一人異なっているのでしょう。
このような経験を大切にしたいですね。

今年の版画ー版画カレンダー

秋に版画を制作しています。

11月に1週間、<版画>、<絵画>、<木の作品>などを展示して保護者の皆様にご覧いただいています。

展示が終わったら、版画には次年度のカレンダーをつけて、家庭に届けています。

きっと各家庭では、目立つところに自分のお子さんの<版画カレンダー>を貼ってくださると思います。

基本は紙版画です。

<年少児>

丸、三角、四角などの紙片を組み合わせて動物を作りました。

PC038441.jpg

PC038433.jpg

PC038450.jpg

PC038434_201812151839030f3.jpg


<年中児>

ベースとなる顔、目、鼻、口、髪の毛などのパーツを作り、組み合わせて顔を作りました。各パーツの配置を変えると、<笑った顔>、<怒った顔>など表情が変わることを楽しみました。最後に気に入った表情で固定して版板にして版画にしました。

PC038470.jpg

PC038490.jpg

PC038508.jpg

PC038473.jpg


<年長児>

割りピンを使って、腕、足、などが動く人形を作りました。色々な動作を人形にさせて遊びました。

いっぱい遊んだ後、好きな動作をしている状態で版板にして版画にしました。
また太陽、ボール、木などを作り、クレパスを使って<擦り出し>の方法で描き、背景としました、

PC038526.jpg

PC038541.jpg

PC038558.jpg

PC038560.jpg

幼児にとって、動作を表現することは非常に難しいことです。しかしこのような方法であれば簡単に<動作の表現>ができてしまいます。
<動作の表現>もご覧ください。

個人の変化ーカタツムリの表現の変化を通して

東京都美術館で開催中の<藤田嗣治展>に行ってきました。

東京美術学校の卒業作品、パリに渡ってからのキュビズムの典型的な絵、1920年代初頭に藤田が生み出した「素晴らしき乳白色」を用いた女性像、人物画、1930年代中南米への旅行を機に今までと異なる色彩豊かな絵、第2次大戦勃発を機に日本に戻っての戦争画、戦後フランスに居住を移し、カトリックに改宗しフランス国籍を取得した戦後の宗教画や子ども絵など、・・・・・

時代や社会的背景に影響を受け、変化していく藤田嗣治の絵の変化をまとまった形でたくさん見ることができて有意義なひと時でした。社会的背景に受け身だけではなく、主体的に関わっていくことで自己を形成していく姿を絵を通して垣間見ているようです。

藤田嗣治のように何十年間も渡る変化は壮大な<絵巻物>ですが、子どもにとって幼稚園の時代のたった3年間も<劇的な変化>の流れです。

子どもの絵は、
大人とは異なる<子どもの認識方法>、
時間、空間などの多次元にわたる事象を2次元の紙に記す大人とは異なる<表現の方法>、
子どもを取り巻く<大人から>もたらされる社会的影響
・・・・・
色々な要素が絡み合っています。

3年間の劇的な変化の典型的な例として<カタツムリの絵>を掲載します。

女児Eの年少時の絵
e1.jpg

女児Eの年中時の絵
e2.jpg

女児Eの年長時の絵
e3.jpg

女児Fの年少時の絵
f1.jpg

女児Fの年中時の絵
f2.jpg

女児Fの年長時の絵
f3.jpg

女児Oの年少時の絵
o1.jpg

女児Oの年中時の絵
o2.jpg

女児Oの年長時の絵
o3.jpg

年少時には子ども独特の<写実性>が現れています。カタツムリの殻から触角2本がちょんと出ています。
年長時は大人社会が作り上げた「殻の下に胴体がある」横向きの<典型的カタツムリ像>へと変化しています。
年中時は子ども独特の写実性から典型的カタツムリ像への過度期を示しているようです。

絵では記録として残っているので変化がよくわかりますが、この変化に準じて3年間に身体の変化のみならず多方面に渡って大きく変化しているのでしょうね。

こちらも参照してください。
<子ども絵画について思うこと>
<形の表現ーカタツムリの表現の変化>

(話題はちょっとそれるのですが)
これら9枚の絵に<優劣>をつけることができるでしょうか?
仮に優劣をつけるとしたら、どんな基準を設定したらいいのでしょうか?
そんな基準は<子どもの観点からしたら>何もないことにすぐ気付くでしょう。
子どもの<絵のコンクール>なるものが子どもとは何ら関係ないことでおこなわれているのです。

お母さん、お父さん

お母さん、お父さんの絵です。

綺麗なお母さんにしよう!
2018-04-26-013df.jpg

お母さんが実際にお化粧するように、手でコンテの色を塗り伸ばしていきます。
2018-04-26-014df.jpg

色々な色を塗り重ねて、微妙な色合いになっていきます。

素敵なお母さんに変身!
2018-04-26-018df.jpg

今度はお父さん

黒のコンテだけで描きました。
2018-06-08-001df.jpg

ゴシゴシと黒を手で伸ばしていきます。
2018-06-08-002df.jpg

お父さんに変身!
2018-06-08-010df.jpg

お母さん、お父さんを並べてみました。

2018-06-08-021df.jpg

2018-06-08-023df.jpg

2018-06-08-029df.jpg

2018-06-08-032df.jpg

2018-06-08-035df.jpg

「肌色」(最近は<うすだいだい色>と称しているようです)で塗っておしまい!といった、絵ではない、
お母さん、お父さんに思い入れをしながら描いた絵です。

わたしの、ぼくの、お家

年長児が家を描きました。

色画紙を切って、各部屋に見立てました。
願望が入り交じった家です。

女児 台所や寝室が描かれています。
P3087455.jpg

男児 「おもち」と書いた箱はおもちゃ箱のようです。たくさんのおもちゃ箱がありますね。
P3087476.jpg

女児 1階右は玄関のようです。中の部屋には大きなゴミ箱がおかれています。2階の左の部屋はテーブルが置かれ、テーブルの上には花瓶もあります。食事をする部屋でしょうか。右の部屋にはテレビが置かれ、テレビ台の下には「おかしばこ」もあります。テレビを見たり、ゲームをしているのでしょう。3階にはトイレとシャワーを備えた風呂場です。
P3087480.jpg

女児 テーブルに食事が並べられ、楽しい食事の風景です。テーブルの下には猫も.います。1階には猫もいます。左の部屋には机椅子もスタンドもあるようです。
P3087484.jpg

男児 左端はエレベーターになっています。
P3087482.jpg

男児 ブランコ、滑り台があったり、ジェットコースターがあるようです。
P3087508.jpg

女児の絵には、日常の生活を中心にした部屋や物が描かれています。
一方男児の絵には生活よりは「あそび」を中心としたことが描かれているようです。
どれも願望を中心にした楽しい絵です。
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
リンク
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR