本園には大型木琴のマリンバが多数あります。

2017-10-05-179df.jpg

年長児はマリンバで合奏をします。
合奏では異なったメロディーを合わせていくこと、ハーモニーが重要です。
多数の人との繫がり、協調が重要です。
一人では出来なかったことが実現できる、別次元の達成感、満足感につながります。

2017-10-05-180df.jpg

お母さん達もやってみようと参加しました。
お母さん達のマリンバ合奏ですので、<ママ・マリンバ>です。
週1回30分程度練習して、11月中旬に開かれる音楽会に出演する予定です。

2017-10-04-178df.jpg

参加したお母さんも子ども達の気持ちと共有していけるでしょうね。

<昭和幼稚園のHP>
運動会(9月20日)では年長児は跳箱の<開脚跳び越し>を行ないました。

運動会後には跳箱はお終いではなく、運動会での高さより少しずつ高さを上げて挑戦しています。

運動会の時の高さ 腰くらいの高さ(3段)
2017-09-29-186df.jpg

今日は胸、肩くらいの高さ(6段)
2017-09-29-149df.jpg

ほとんどの年長児が跳び越せた腰くらいの高さ(3段)よりは難易度が高まります。
2017-09-29-118df.jpg

2017-09-29-119df.jpg

2017-09-29-120df.jpg

先生も一緒に跳んでみます。
2017-09-29-032df.jpg

次第に跳び越せる子が増えてきました。
2017-09-29-038df.jpg

2017-09-29-039df.jpg

2017-09-29-040df.jpg

2017-09-29-041df.jpg

2017-09-29-042df.jpg

2017-09-29-064df.jpg

2017-09-29-065df.jpg

2017-09-29-066df.jpg

2017-09-29-067df.jpg

何度も何度も挑戦し、跳び越せなくても、満足感に溢れた表情です。
跳び越せたら、達成感に満ち溢れた表情です。

胸や肩の高さ(6段)の跳箱は年長児全員が跳べなくてもいいんです。
腰の高さ(3段)より<もっと高く跳びたい>子はもっと高く跳べるように!
好きなことはもっといっぱいできるように!
もっとやりたいことはもっとできるように!
そんな配慮です。

そんな姿や様子を見て、興味のなかった子も興味をもつかもしれません。
年中児や年少児も年長児の真似をして跳箱に跳びつくようになってきました。

<昭和幼稚園のHP>
毎日暑い日が続きます。

朝、木々からセミの大合唱が聞こえてきます。
2017-07-21-017df.jpg

2017-07-21-015df.jpg

木々に止まって、鳴いています。
また木々に飛び移っている光景も見受けられます。
2017-07-21-026df.jpg

登園した子ども達、<手製>の網を持ってセミ採りです。
2017-07-18-002e3.jpg

この網の材料は?
クリーニングから戻ったときに付いてくる<針金ハンガー>に買物の際にもらう<レジ袋>をつけて、七夕飾りをつけた竹に取り付けたもの。
身近な材料でもできること、保護者の皆さんにも知ってもらいたいものです。

さて子ども達は10時過ぎに一旦教室にもどります。
その頃、やかましく鳴いていたセミも鳴き止みます。
(今、園庭の木々にいるセミは「クマゼミ」がほとんどです)
まるで<教室にもどる時刻ですよ!>という合図のようなものです。

セミは種類によって、鳴く時間が決まっているようです。
まさに「セミ時計」です。

ちなみに「クマゼミ」は「シャーシャー」と鳴き、明け方から10時頃まで盛大に鳴き、午前中でほとんど鳴き止んでしまいます。
これから増えてくる「アブラゼミ」は「ジージリジリ」と鳴き、朝から夕方まで鳴き、特に夕方盛大に鳴きます。

<セミ採り>を通して、こんな自然界の仕組みを体験できることはすばらしいことではありませんか!

セミ採りの際の参考にどうぞ!

<昭和幼稚園のHPへもお越し下さい>
5月も末になれば、日差しも強く、気温も25度以上の夏日になることも多くなりました。
幸い園庭にはたくさんの木々があり、木陰を作っています。
<海に浮かぶ島々>のようです。
2017-05-23-018a7-2.jpg

入園式の頃には満開だった桜、今はたくさんの葉が茂り、大きな木陰を作っています。
ここに集まり、絵本を読んでもらいます。
2017-05-23-002a7-2.jpg

縄跳びの場所にもなります。
2017-05-23-014a7-2.jpg

2017-05-23-016a7-2.jpg

輪になって集まり、身体を動かします。
2017-05-23-020a7-2.jpg

もう一本の桜の木陰では、三輪車のコース
2017-05-23-011a7-2.jpg

センダンの木陰は鉄棒と<ごっこ遊び>のコーナー
2017-05-23-021a7-2.jpg

松の木陰はジャングルジムと<絵のコーナー>
2017-05-23-023a7-2.jpg

2017-05-23-029a7-2.jpg

木陰(島)毎、いろいろな稼働(遊び)に誘いかけています。

日差しのさす空間は?・・・ある島(活動)から別の島(活動)へ移動する、子ども達が思いっきり走る(泳ぐ)大海原です。

<昭和幼稚園のHPへもお越し下さい>
先週は砂場用の玩具の収集にバケツを使いましたが、今週はロープを付けたタライも出してみました。
拾った玩具をタライに入れます。
2017-04-24-101a7-2.jpg

2017-04-24-103a7-2.jpg

入れたらロープを引っぱって、玩具を捜しにいきます。
2017-04-24-104a7-2.jpg

2017-04-24-106a7-2.jpg

バケツでも玩具を集めています。
2017-04-26-038a7-2.jpg

砂場以外のいろいろな所に玩具があります。
2017-04-27-046a7-2.jpg

ロープを引っぱっている子ども達がみんな同じ方向に行こうとしているわけではありません。
力の強い子の方向に引きずられたり、止めようとしたり・・・いろいろな場面に出くわします。
2017-04-24-113a7-2.jpg

2017-04-27-047a7-2.jpg

タライに拾った玩具を入れて引っぱるばかりではありません。
タライを引っぱること(玩具は関係ない!)が楽しい子もいます。
2017-04-26-041a7-2.jpg

いっぱい集めたら、元々の玩具の<かご>に戻します。
2017-04-27-050a7-2.jpg

2017-04-26-040a7-2.jpg

玩具を分類して<かご>に戻します。
2017-04-24-150a7-2.jpg

2017-04-27-056a7-2.jpg

「こんな所にも玩具がある!」と自分以外の行動を<発見>したり、
数人でタライを引っぱる時、お互いの意思がバラバラで、自分の思う通りにならないことを味わったり、
玩具を<分類>して元の<かご>に戻したり・・・・・

遊びの多様性、ダイナミックな展開ですね。

<昭和幼稚園のHPへもお越し下さい>
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

最新記事
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア