ここ数ヶ月の間だけでもフランスで、アメリカで、バングラデシュで、ドイツで、そして日本で、テロ、大量殺人事件が発生しています。不幸にして亡くなられた方々にお悔やみ申し上げます。またご親族、関係者の皆様、無念のお気持ち、いかばかりかと拝察申し上げます。

2016-07-28-002a7-2.jpg

イスラム過激派の影響とか、人種差別とか、政治、経済上の格差、人間観の差別・・等々いろいろと取りざたされていますが、それらは表層上のことで、人間及び人間社会のもっている意識(あるいは無意識)の問題があると思えてなりません。
善悪、正誤、優劣、・・・といった二項対立の考え方が根底に横たわっているようです。そしてこの二項対立の根底が、なしかしら絶対化されているように思えてなりません。
曰く、「我々の主義は正しい」「我々は虐げられている」「このような人種は存在価値がない」・・・・
根底となることを絶対化しなかったら、善悪、正誤等も変わってくるでしょう。

政治的、経済的な格差をなくす、宗教間の差別化をなくす、人間観の差別意識をなくす・・・等々努力することは必要でしょう。しかし、「・・・なくす」という言葉に示されるように、意識してかあるいは無意識に「格差がある」ということが前提となっています。そしてそれが絶対化されているようです。だから根本的な解決には至らない。

立場を替えてみる、等、相対化してみることはできないのでしょうか。
「相手方の主義にたてば、どうか?」「虐げる根拠は?」・・・脱却できる可能性があります。
しかしなかなかできません。
それは意識下しているからでしょう。
意識下せずに行う、それは困難なことでしょう。

2016-07-28-008a7-2.jpg

仏典の<金剛般若経>では意識下ぜず行うことの大切さを、クドクドと述べています。
経の最後の部分で
---------------------------------------------------------------------
それでは、どのように説いて聞かせるのであろうか。説いて聞かせないようにすればよいのだ。それだからこそ<説いて聞かせる>と言われるのだ。
現象界というものは、
星や、目の翳(かげ)、燈し火や、まぼろしや、露や、水泡(うたたか)や、夢や、電光や、雲のよう、
そのようなものと、見るがよい。
・・・・・・・・・
(岩波文庫「般若心経 金剛般若経」中村元、紀野一儀 訳注)
----------------------------------------------------------------------
このような境地を目指すことが、「この世界の、人間の不可解さ」から脱却する方法の一つに思えます。
数日前に蒔いたヒマワリが発芽しました。

土を押しのけるように!
ヒマワリ発芽-3

ヒマワリ発芽-1

まだ種の表皮をつけたままで
ヒマワリ発芽-2

土に種を蒔き、水をやり、人手をかけたのはこれが全て。
自然の営みで発芽に至りました。

これからも人手をかけるのは、水遣りくらいなもの。(もっとも水遣りをしなくても育っていくでしょう)
成長して盛夏には大きな花を咲かせ、種をつけ、子孫を残し・・<生涯>を終えるのでしょう。

ふと頭を巡らせば、バラが蕾をつけています。
バラ-1

開花寸前のものもちらほら
バラ-2

これらの植物はほとんど人手によることなく、生育しています。

ひるがえって、人間の場合に思いめぐらしてみるとどうでしょう。
誕生しても授乳といった人手をかけなければ、生命を維持することすらできません。
少なくても10数年、人手をかけなければなりません。

植物に見られるように、自己に備わっているものが自然の営みの中で生育していくもの。
人手をかけて(教育作用ともいえるものでしょうね)新たに付け加えられて育っていくもの。

人間の歴史を振り返ってみれば、教育作用なるものはまさに多様。
<善かれ>として行ったことが、結果として<破滅>なんてことも多々あるのでは。

何が<善>であるか、悩むところです。
<科学science>と<技術technology>、一緒にして<科学技術>として扱われることが多いようです。
葉っぱ-2

科学史や技術史などから明らかなように、お互いに密接な関係にあり、科学が元となり技術が展開したり、逆に技術が元となり科学の新しい局面が現れたりしています。
原子物理学の展開が原子爆弾、原子力発電など原子力産業に展開していったことは科学が技術の展開の元となっている例でしょう。
逆に技術が元となった例として、第2時世界大戦中のレーダーの発達が電波天文学の発生のきっかけになったとか。

科学と技術が目指すものは同じでしょうか?
大学生になった頃、医者をしていた先輩に言われたことを思い出します。
「究極のところ、医者としては患者の病気が治ればいいのであって、その原因などはわからなくてもいいのかも・・・」

<技術>の目指すものは人間生活の向上をでしょう。
18世紀末ごろから始まる「産業革命」以来、社会生活の<便利さ>は目をみはるものがあります。
移動手段一つとっても、人間や動物の力や風などの自然の力を利用した物から、蒸気機関、内燃機関の発明などにより、ずっと高速で多量の物量の移動を簡単にしてきました。
生命関係の技術の発展は、人間の高寿命化などに顕著に現れています。
例を挙げたらきりがありません。

<科学>の目指すものはなんなのでしょう?
<知の地平線>の拡大、究極的には、<我々の思い描く「世界」とは何か?我々は何か?>につながるものだと考えます。
自然科学だけでなく、歴史や哲学などの人文関連の分野や音楽や絵画などの芸術とも関連し合っていくものでしょう。
<技術>の目指す目的とは直接関連はありません。一括りにして<科学技術>としてしまうと<技術>の目的が際立ち、人間社会の向上に寄与しないものには価値がないようになってしまいがちです。

<技術>が近視眼的に<一人歩き>して「便利さ」を追求していったら、はたして未来は『バラ色』でしょうか?

人間の高寿命化、アンチエイジング、究極的に「不老不死」になったら、どうでしょうか?
死なないし、新しい生命も誕生してくる。人間だらけになってくる。地球あるいは私達の生存している宇宙は「有限」ですから、人間だらけになったら他のものが減少せざるを得ない。そんなことが可能なのか?

身近な例として、自動車のCMにもでてきた「自動運転の自動車」。果たして便利なのか?ニュース等で、事故等が生じた場合の対応など課題があることを伝えています。

最近文部科学省が大学に対して人文科学や社会科学分野の縮小再編成を求める通達を出したとか。各大学ではそれらの分野の縮小、再編成を模索しているとか。

「不老不死」やら「自動運転」がもたらす「歪み」を見つめ、是正するには<技術>一辺倒だけでは不可能でしょう。
広い意味での<科学>すなわち<我々の思い描く「世界」とは何か?我々は何か?>との対話が必要でしょう。
葉っぱ-1

前に記事で紹介した「科学と人間性」(シュレーディンガー、ちくま学芸文庫)の一節に
『すべての教師にあてはまる。要求は・・・あなたが教える特定の教科が人生の偉大な悲喜劇のなかで果たす役割を、けっして見失わないこと、人生との関係性を持ち続けることー現実の人生というよりは、人生の観念的背景との関連性であり、つねにそのほうがはるかに重要だ・・・』

これは幼児教育でもその後の大学教育につながることでも同様でしょう。

今年の夏はそれほど暑くなく、9月を迎えました。

蝉の鳴き声も静かになり、朝顔、ヒマワリも花が終わり美を結ぶ頃となっています。
夏の終わり-1

夏の終わり-2

夏の終わり-3

夏の終わり-4

朝顔やヒマワリなどの1年性の植物は結実すれば、枯れて土に還っています。
蝉も子孫を残したら同様に土に還っていきます。

生物の究極的な目的は子孫を残すこと。
ほとんどの動植物はこのことを忠実に実践し、生殖機能が衰えたら生命は尽きるようです。

例外は「人間」。

インドでは人生を学生期、家住期、林住期、遊行期と4つに分けているそうです。
学生期は今後の人生への勉学の期間。
家住期は家業に努め、結婚し、後継者を育てる期間。
林住期は家業から引退。それまでの住居から離れ林間で質素な生活を営む。
遊行期は住まいを捨て、遍歴、放浪し、解脱を目指す。

家住期に相当する頃で一般の動植物は終わり。
「人間らしさ」の追求は林住期以降が本質的なのかしら?
林住期以降の蓄積が、学生期、家住期にフィードバックされて・・・・
インド人は面白い人生区分を考えるんですね。

家住期にしがみつき、林住期に進めないのが一般人でしょうか。
佐世保の同級生を殺害した高校生の事件など悲惨な事件が多く、心が曇ります。

命の大切さ、命の教育、・・といった言葉が踊っています。

風鈴
自分自身の小学生の頃、カエルをたくさん殺したことがありました。
田んぼにいたカエルに石を投げ、当たって「ぐちゃ」となったことに、ある種の「快感」を感じて、次々と石をカエルに投げていきました。数匹殺したころ、「快感」が「いたたまれない」気持ちに変わり、急いで家に帰ったこと、半世紀たった今でも鮮明に思い出します。

殺した相手が人間社会とは利害関係にないカエルだったので、罰せられることもありませんでした。
これがカエルでなく、人間だった大変なことになります。
カエルではなく、他の人が可愛がっているペットだったらどうでしょうか?
養豚場の豚や、牧場の牛、養鶏場の鶏だったらどうでしょう?
人間の場合と同様に大変なことです。

蚊や蠅、ゴキブリなどをたくさん殺したら、どうでしょう?
罰せられるどころか、褒められるかもしれませんね。

命の大切さー全ての生き物、生きとし生けるもの、全ての命が「平等に」大切だと思われていないのです。
あくまで人間との利害関係できまる「大切さ」!

そして人間の範囲でも、全ての人間の命が同等に「大切」ではない、歴史を振り返ってみれば、また現在の世界の状況をみれば、そんな例が山ほどあります。
個人のレベルでは自分との利害関係で殺人を犯す。
グループ、国家、民族、などの集団のレベルでも利害関係で他の集団を抹殺する(ナチスのユダヤ人、ロマ人などの虐殺など)

命の大切さ、命の教育などといったことはなにを教えようとするのでしょうか?
個人のことなのでしょうか?
ある特定の集団(民族、国家・・)の範囲内なのでしょうか?
人間全体のことなのでしょうか?
生きとし生けるものに範囲を広げることなのでしょうか?

ただ声高に「命の大切さ」をいうのではなく、
「生きとし生けるもの、全ての生命、衆生」を根底においてと思うのです。
全ての生命は他の命とかかわっているのです。
食物連鎖が良い例です。
他の命を頂かなければ、生物は存在しえないのです。
「殺してはいけない!」ではないのです。「殺さざるをえないのです」
そして「尊い命」を頂いているという「感謝」につなげる、
こんな観点から出発すべきだと思うのです。

私が子どもの頃した「カエル殺し」
無駄な殺生だけです。「尊いカエルの命」は子どもの私にかすかな倫理観を生じさせてはくれましたが。
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

最新記事
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア