年度末の事務上の忙しさが少々落ち着いてきました。ブログに向かう余裕が出てきました。

さてさて、子どもの頃の思い出として
虫眼鏡を覗いて、<大きく見えること>、大変不思議でした。

小学校高学年の理科で顕微鏡を覗くことがありました。
虫眼鏡以上に、肉眼では見えない物まで見えることにびっくり!
レンズを使うと小さな物が大きく見えるだけなく、遠くの物も近くにあるように見える(望遠鏡)ことも知り、レンズの不思議さにはまっていきました。
「子どもの科学」の通販で簡単なキットを買って組み立てた望遠鏡で初めて月を覗いたこと、大感激でした。

今思い返してみてもレンズは不思議です。
レンズを通すだけで、大きく見えたり、近くに.見えたり・・・

自転車という道具を使えば、素足で走るより速く移動できます。
しかし、自転車にまたがっているだけでは動きません。足を使ってペダルを漕がなくてはなりません。
自転車にエネルギーを注入しまけれななりません。
自転車よりもっと速く移動できる自動車でも、ガソリンを燃焼させて(エネルギーを注入)初めて動くのです。

レンズから構成されている顕微鏡や望遠鏡は、ただ覗き込めば(エネルギーを注入することなしに)、大きく見えたり、近くに見えたり、不思議!不思議!
<努力しなくても>、大きく見えたり、近くに.見えたりするのですから、<なまけもの>にはピッタリの道具に思えてきます。(もっとも顕微鏡も望遠鏡も高価ですから、手に入れようと思えば、経済的な努力が必要になってきますが!)

中学生〜高校生の頃には父親のカメラをちょっと借りて、こっそり写真を写したり、レンズからカメラに興味は移っていきました。

大学生になってから、レポート作成に必要とか理由をつけて1眼レフカメラを買ってもらいましたが、1年以内に旅行中に盗まれたこともありました。
1970年代は私が大学生の時代でした。その頃カメラは露出が自動化され、モーターを使ってフィルムの送給も自動化、と写真を写す機能が人の技能に依存しない自動化が進んでいく時代でした。70年代後半には自動でピントがあうオートフォーカスに入っていく時期でもありました。

ただボタンを押せばきれいな写真が簡単に写る、そのような傾向に、<面白み>を感じなくなり、古いタイプのカメラに興味が移っていきました。
<露出やピントも失敗するかもしれない>そんな<揺らぎ>が<心をときめかせる>、まさに<遊び>のカメラに出会いました。70年代の後半です。もう40年近くも昔になるのですね。年を取ったもんだ!
その頃入手したカメラ2台です。
カメラ−1

カメラ−2


回っているコマに触ったら、コマは止まってしまいますね!
ですから、回っている状態を目で見ていることしかできません。
しかし、不思議なコマがあるのです。
地球ゴマ(タイガー商会の商標です。)といって、回っているコマを手に持てるのです!

回して手に持ってみましょう。
そして回転軸を傾けてみましょう!
あれ〜!変な感じがします!コマが『いやいや』をしているみたいです。
地球ゴマ

回転する物体は回転の速さと方向(角運動量)を保とうとします。
ですから、回転軸を傾けると、『傾けられまい』と抵抗感が生ずるわけです。
直進している物体は速度とその方向(運動量)を保とうとします。その物体を止めようとすると抵抗感が生ずるのと同じような現象です。

私達は日常の生活で、直進している物体に触ったりする経験をたくさんしています。
おもちゃあるいは本物の自動車を動かしたり、止めたり。
ボールを投げたり、受け止めたり。・・・
物理学で直進運動の力学を学んでも、日常生活から得られている「感覚」に結びつけて理解しやすいのではないでしょうか。

回転する物体の力学になると、なかなか理解が難しくなります。
取り扱う数学手段も直進運動を取り扱うものに比べて込み入ってきます。式が何を示しているのか、わからなくなってしまいます。
数学的な難しさだけでなく、直接体験から得られる回転物体の「感覚」が非常に少ないことことも、難しさの要因であるように思われます。

地球ゴマを子どもの「おもちゃ」だけにしておくのは、本当に『もったいない!』
地球の自転・公転運動や、ジャイロスコープやそれを応用した船舶や航空機のオートパイロット、船舶や航空機の横揺れを防ぐジャイロスタビライザーの仕組みなどを分かりやすく理解するのに役立つものです。

「amazon」でも手に入るようですよ。回して遊んでみませんか!

数式や文字などの記号だけでは表面的な『理解』(解ったつもり)に留まるのではないでしょうか。
「感覚」の世界に、それらの記号の意味するものを結びつけることで本当の『理解』になるのではないでしょうか。
地球ゴマを回して遊んでいる子どもは、ある意味で、コマの力学(数式などに頼らないで)の初歩を学んでいるのです。


昭和幼稚園のホームページにもお越し下さい!
ぶんぶんコマって知っていますか?
ボタンに糸を通して回したこと、ありますか?
ぶんぶんコマ-1

ぶんぶんコマは糸の撚りで回すコマです。
糸の撚りで、1秒間に数10回転 回ります。へたな機械を使うよりずっと速い回転速度を得られます。
そしてうれしいことに、同じコマを使えば、大人でも子供でも同じ回転速度を得られます。

(一般的に、子供は大人に比較して手や指などの巧緻性が発展途上にあるので、道具を使うのに子供は大人ほどうまく扱えません。でも、ぶんぶんコマは特異の例外です。)

本園ではぶんぶんコマにする厚紙(丸、正方形、正三角形)をたくさん作ってもらっています。
1秒間に数10回転という、目にも止まらない速い回転で、なにをやろうかな?

コマに絵を描いても、回すと色の輪になってしまいますね!
それでは、いろいろな色をコマに貼ってみましょう!
あら不思議!!、貼ってない色もいっぱい出てきます!!
「橙が出た!、紫になった!、へんな色がある!・・・」驚きの声が響きます!
回ると色が混じって別の色に変身してしまうのです!
ぶんぶんコマ-2

ぶんぶんコマ-3

年長児では、これを踏まえて、目的の色を作ることに誘っています。
子ども達もこれまでの経験から、
紫は赤と青を混ぜるとできる。橙は赤と黄を混ぜるとできる。
と知っています。
そこで、コマの中心に紫の色を貼付けます。
その周りに、赤や青を貼付けていきます。
ぶんぶんコマ-6

回しながら、
ちょっと赤が足りないな!とか青が足りないな!
などと試行錯誤しながら貼り加えて、中心の紫に近づけていきます。
(完全には一致しませんが、ある程度のところで満足します。)
橙も同様に行います。
ぶんぶんコマ-4

ぶんぶんコマ-5


19世紀の偉大な物理学者マクスウェル(Maxwell 1831〜1879 電磁気学、統計力学などで有名)は本質的にこれと同じ方法で色の合成の研究を行ったそうです。糸の撚りで回転する円盤(ぶんぶんコマですね!)に目的の色を貼付け、周囲に要素となる色を貼り、円盤を回転させて一致になる要素の色の割合を決めていったそうです。
私達の小さなMaxwell達!! 次は何を見つけようかな?

昭和幼稚園のホームページにもお越し下さい!
カタツムリのおもちゃ

カタツムリはどんな形?
紙をクルクル巻いたら出来上がり!

でも、このカタツムリ、ガラスにくっつかないよ!
本物のカタツムリのようにくっつくようにしたいよ!
両面テープを「身体」の下に貼ったら、ガラスにくっついて落ちないよ!
棒にもくっつくし、逆さになっても落ちないよ!
本物のカタツムリみたいに、いろいろなところにくっついて、楽しいな!
カタツムリおもちゃ3
 でもこのカタツムリは「身体」が殻の中に入ったり、出たりしないよ!

「身体」が殻から出たり、入ったりするカタツムリはないかな?
カタツムリおもちゃ2

カタツムリおもちゃ1
紙皿を殻にして「身体」を紙で作って、ちょっと紙皿のうらに仕掛けをつくって、
「身体」が出入りできるカタツムリの完成!
本物のカタツムリみたいに「身体」を殻から出入りさせて、楽しいな!

園児にはどっちのカタツムリも人気があります。
形(形態)だけでなく、機能(動きや生き様など)を再現しているからです。

形(形態)だけで「動かない」ものー(例えば)ガラスケースに入った人形ーなどは鑑賞の対象として大人には人気があるでしょうが、幼児にとっては興味を引きません。
幼児にとっては動きのあるもの(機能を有するもの)が興味を引き起こします。
大人にとっては、そっくりのものー形態が重要でも、
幼児にとっては、形態はそこそこでも、機能(動きや動作)が重要になっています。


「おもちゃ」の選択にはこの視点を大切に!
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

最新記事
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア