FC2ブログ

暑い!暑い!

今週から夏休み。毎日がうだるような暑さです。

朝園児たちが登園しなくても、セミの大合唱が園庭に響き渡っています。

ヒマワリ。まだこれから咲くのもありますが、もう盛りを過ぎたものも。
2020-08-10-012a7-2.jpg

今が盛りの花は、百日紅(サルスベリ)
2020-08-10_NOKTON40_1.jpg

これから盛りを迎えるのは、オシロイバナ
2020-08-10-009a7-2.jpg

扶養(フヨウ)
2020-08-10-016a7-2.jpg

など、など

8月末に2学期が始まり、園児たちに、視覚だけでなく、遊びの材料としていろいろと適用してくれるでしょう。

そろそろ梅雨明け

長く続いた梅雨もそろそろ終わりでしょうか。
今日7月31日は久しぶりの太陽が顔を出しました。
セミの鳴き声もやかましく聞こえてきます。

今年のヒマワリはよく成長しました。高い物は180cmくらいあります。
2020-07-31-024a7-2.jpg

蕾が膨らんでいる物
2020-07-31-016a7-2.jpg

咲くぞ!とばかり、花弁が開こうとしている物
2020-07-29-006a7-2.jpg

2020-07-29-002a7-2.jpg

満開となった物
2020-07-31-014a7-2.jpg

同じ種の袋から植えた物ですが全部同じではありません。
背の高さも、咲く時期も・・・
ほぼ同じ土から成長してきたのに!

そこに優劣はないでしょう、
背が高いから「いい」とか、早く咲くから「いい」など勝手に人間がつけたものでしょう。
それぞれのヒマワリの「個性」として受け止めればいいのでは。

人間でも同じこと。評価など他者が<勝手に>つけたもの。
視点が違えば、コロコロ変わる。
多様な見方で、いろいろな面を見つけたいものですね。

可憐な花

初夏の季節となりました。

ほぼ休園状態から先週末より部分的に登園が始まりました。

Stay Homeとやらで閉じこもりの状態から解放されて欲しい。

可憐な花が迎えます。
2020-05-17-001df.jpg

2020-05-17-008df.jpg

2020-05-17-013df.jpg

強い陽射しを遮ってくれる
2020-05-17-018df.jpg

もうじき咲いてくれる
2020-05-17-010df.jpg

パッと目立つ
2020-05-17-023df.jpg

発芽もしてきました。
2020-05-17-027df.jpg

登園していっぱい発見してね。

コロナウイルスで

新型コロナウイルス感染予防対策として、突然、学校を休校する要請がありました。
それも3月はじめから春休みまで、続く春休みを入れると、1ヶ月以上学校が閉鎖されることになります。

様々な影響を考慮して発したものとは思われず、思いつきのように感じられます。
子どもを持つ家庭は振り回され、大混乱です。

学校を休校してまで感染の予防をするためには、子どもの外出を控え、子どもを家庭内に留めて置くことを要請するものでしょう。
そんなこと1ヶ月以上続けられるのでしょうか。
学習の不足、未消化、という勉学という課題以上に、1ヶ月以上も精神的、肉体的に閉じ込めておくことが可能なのか。
またそのようなことが可能であったら、それに伴うマイナス面はどうなのか。

もっと思慮深い対応をお願いしたいものです。

幼稚園は休校対象外だとのことで、本園は普通どうりの保育をこれからも行っていきます。
もっとも不測の事態になったら休園とならざるを得ませんが。

保護者から「幼稚園は休園になるのですか?子どもは幼稚園がお休みなるのはイヤ!」といっています。
などお話を聞きます。
また夏休み明けの家庭からのコメントでは「早く休みが終わって子どもが幼稚園に行きたがっています。」など子どもが幼稚園での生活を楽しみにしている様子が伺えます。

子どもは家庭とは異なる場所、幼稚園や学校で様々なことを、家庭では不可能な様々な経験を積み重ねていくものです。

春はもうすぐ!

立春を過ぎ、日差しが暖かさを増してきました。

もうすぐひな祭り、桃の花も開花です。
2020-02-23_NOKTON40_1.jpg

モクレンのつぼみも膨らみ、開花寸前です。
2020-02-23-007a7-2.jpg

年度末、園児たちもこの1年で大きく成長しました。

私たち大人も子ども達と一緒にどれほど成長したかと、振り返ってみるときです。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
リンク
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR