砂場の周りに柵を置いて、園庭を砂場がある側と砂場の外の側を区別してみました。完全に区別したのではなく、出入り口を設けています。
2017-05-09-003df.jpg

砂場の側では、砂場の玩具(コップやシャベル)使って、<ままごと>や砂いじりの遊びが始まっています。
2017-05-09-011df.jpg

2017-05-09-019df.jpg

柵で園庭を区切ってなかったときには、砂場の玩具を園庭の至る所に持ち出していたのですが、今度は柵の出入り口を通って柵の外の空間に持ち出した玩具はほんの少しです。
2017-05-09-001df.jpg

2017-05-09-002df.jpg

柵から大分離れた所にある、ボックスを繋げて作った<テーブル>を囲んでいる子ども達、たまたまそこに座ったようです。
2017-05-12-033df.jpg

玩具もなく、なにをしているのかな?と覗いてみると、<ボックス>に開いた穴(ボルトを通してボックスを繋げるようにするための穴)に指を入れて遊んでいます。
穴に指を入れて出し入れしている<感触>が楽しいのでしょう。この穴も玩具になっているようです。(水に触れて水の感触を楽しむようなことに近いのでしょう。)

「草もこの穴に入るよ!」と近くに生えている草を抜いて子ども達に渡しました。
2017-05-12-035df.jpg

早速、草を集め始めました。
2017-05-12-043df.jpg

2017-05-12-040df.jpg

2017-05-12-038df.jpg

「おもしろそーだな」と子ども達が集まってきました。
2017-05-12-047df.jpg

園庭のいろいろな所から草や葉を持ってきます。
2017-05-12-051df.jpg

私も子ども達と一緒に植物を捜しにいきます。(子ども達より私の方がよく知っていますからね)
2017-05-12-055df.jpg

たくさん草や葉が集まりました。一人の子どもが「園長先生の誕生日?」と聞いてきます。「ちがうよ」と答えるけれど、誰かの誕生日パーティーになったようです。
2017-05-12-065df.jpg

2017-05-12-067df.jpg

<宴>のあと
2017-05-12-070df.jpg

区切られた<空間>、誘発する物(玩具)が遊びを誘発します。

柵で区切られた空間と砂場遊びの玩具、
ボックスを繋いだ<テーブル>の周囲という空間とボックスの穴というもの(玩具)
同じ<テーブル>の周囲という空間と草や葉という物(玩具)

それぞれの空間で物によって遊びの様相も異なってきます。

<昭和幼稚園のHPへもお越し下さい>
フープがたくさんでています。
子ども達は思い思いの方法(投げたり、回したり、縄跳びの紐のようにしたり・・・)

年長児の女の子6人が列車のようにつなぎ、歩きはじめました。
2017-03-13-028df.jpg

見ていた子どもも「おもしろそ〜」と自分の持っているフープつないでいきます。
2017-03-13-029df.jpg

フープを持っていなくてもも、年少児、年中児もフープの輪の中に入っていきます。
2017-03-13-033df.jpg

2017-03-13-037df.jpg

長くなりました。30人くらいが<フープ列車>に乗っています。
2017-03-13-041df.jpg

長くなりすぎたのでしょうか?
列の動きの一体感がなくなりました。
それぞれ自分のフープを持って各自の<あそび>(縄跳び、投げる、回す・・・)に移っていきました。
2017-03-13-042df.jpg

<昭和幼稚園のHPへもお越し下さい>
遊具にのっている年長児
「なにしているの?」尋ねると、「水族館にいるの」
2017-01-13-004df.jpg

指差している先が水槽で魚がいるのだそうです。
2017-01-13-005df.jpg

「なにもいないじゃない?」と言うと「ジンベイザメ、シャチ、シロナガスクジラがいるの!」

「えさをやる!」といって上から砂を振りかけはじめました。
2017-01-13-007df.jpg

「水族館の人(飼育員)みたいに、一緒に泳がないの?」と言うと、はじめは「いや〜!」と言っていたのですが、
そのうち3人とも下の<水槽>に入りました。
2017-01-13-009df.jpg

2017-01-13-010df.jpg

この後、子ども達は教室へ行ってしまい、私もその場所を離れたので、<そこがどうして水族館なのか、等>詳しいことは聞きそびれてしまいました。
3人のうち少なくとも1人は<水族館>に行ってジンベイザメなどを見たのでしょう。ここでの遊具がどうして水族館になったのか、形か?、色などの印象か?、きっと尋ねても大人の私には理解できないことかもしれません。

大人にとっては、こんな<遊びの現象そのもの>を<まずそのまま>見ることが大切だと思います。
遊びの原因やそのような遊びの<効用>を議論したり評価することはナンセンスでしょう。子どもは大人とは異なる<世界>にいるのですから。
昨今話題になる<人工知能>とは無縁の世界でしょう。こんな遊びの世界にどっぷり浸かった体験をもつ子どもはきっと<人工知能>と対峙していけるように思います。
砂場の側のかごの中にあった、コップやシャベルを持って砂場以外の所でせっせと遊んでいます。

2016-10-25-004df.jpg

砂場からちょっと離れた場所で土を削ったり、積み上げたりしています。
2016-10-25-010df.jpg

ちょっとした<山>が出来たようです。てっぺんに枯れ枝を差し込んでいます。

水をいれたコップを持ってきて、<山>にかけはじめました。
2016-10-25-017df.jpg

どうも<火山の爆発>らしいのです。子ども達も阿蘇山の噴火のニュースに接しているのでしょう。

2016-10-25-018df.jpg

水をかけて崩れたら、砂を加え、また<山>を作っていきます。

2016-10-25-022df.jpg

今度は手洗い場にあるバケツに水を入れて運び、山にかけました。

2016-10-25-030df.jpg

火山の爆発を繰り返し行っています。
何をやっているのか?とまわりに他の子どもも集まってきました。
<火山の噴火>を知らないのか、泥んこに興味がないのか、新たに加わる子どもは見られません。

2016-10-25-032df.jpg

今度はバケツに土を詰め、押し出してバケツ型の土盛りを作り出しました。

2016-10-25-042df.jpg

今度の土盛りは<火山>ではなく<プリン>だそうです。
<プリン>にもバケツから水をかけました。

2016-10-25-047df.jpg

水が溜まり、今度は<温泉>だそうです。

2016-10-25-050df.jpg

その後部屋に戻っていきました。
使ったバケツやコップ等が散乱しています。
<片付け>ないことで、子ども達の活動を推測することが出来ます。

2016-10-25-053df.jpg

年長児ともなると<火山>、<温泉>など知識が拡大しているのに驚きました。

<昭和幼稚園のHPへもお越し下さい>
地面に向かってなにかしています。
2016-09-02-014df.jpg

私:「なにしているの?」
子ども達:「・・・」ニコニコした笑顔をこちらに見せたけれど、言葉はありません。
2016-09-02-015df.jpg

また続きを始めました。
手に石を握って地面を擦っています。
2016-09-02-017df.jpg

細かい白い砂が出来ています。
2016-09-02-018df.jpg

細かい白い砂が出来ることが楽しいようです。
2016-09-02-020df.jpg

私:「白い砂がたくさん出来るね!何に使うの?」
子ども達:「・・・」答えはありません。
2016-09-02-022df.jpg

しばらくして子ども達の答え:「団子に掛けると白い団子になるの」
この時、子ども達は土団子作りはしていません。
さすが年長児!目的を見つけ出してきました!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
子ども達は、何かの目的のために細かい砂を作っていたのではなく、ただ<細かい砂ができる>その行為が楽しくて行っていたのでした。
大人の私は<無意識のうちに>目的があって行為があると思い込んでいました。

<行為そのもの>が目的の行動が、子ども、大人を問わず、人間にはたくさんあるのではないでしょうか。
経験、知識を備えた大人では、つい<無意識に>行為と目的を結びつけようとするのでしょうか。

人工知能のことが話題になっています。
人間を超えてしまうのか?と不安がよぎります。

しかし、人間のこのような<無目的な行為そのもの>が人工知能化できるのでしょうか?
自動車の運転を自動にするにしても、<目的地に到達する>という目的があるわけです。それは人工知能化しやすいでしょう。でも<なんとなく自動車を運転したい>という運転そのものが行為ということは、人工知能とどんな関連になるのでしょうか。

こんな人間の行動が人工知能とは異なる観点になるのではないでしょうか。
そしてこのような<無目的な>行為が人工知能を凌駕することにつながると期待しています。
先ほどの子ども達の例で、しばらくして「団子に掛けたら白い団子になるの」と目的を見つけ出したように、
<無目的な行為>から、一つだけではなく、多目的になるであろう、目的につなげていくのも人間のなすことなのかもしれません。

<昭和幼稚園のHPにもお越し下さい>

プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

最新記事
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア