fc2ブログ

思い出の本

昔昔のこと、子ども時代の本の記憶・・・・

幼児期か小学校の低学年の頃
絵のコンクールに応募して入賞していただいた絵本だと思うのですが。

<はなのすきなうし>
img20231121_19334447.jpg

<アルプスのきょうだい>
img20231121_19352148.jpg

特にこの中の
<ウルスリのすず>
img20231121_19364964.jpg

文字の読めない頃は親に読んでもらっていたと思います。
文字が読めるようになった小学校以降は何度も何度も自分で読んでいたようです。
<ウルスリのすず>お話しの最後に出てくる
「おかあさんは、むしたてのクリに、クリームをいっぱいかけて、もってきました。こんなに、たくさん!」
これが食べたくて母親に何度も何度も頼みました。その頃私の住んでいたところでは生クリームなど手に入らなく、『こんなものはできない!』と母親に叱られたことをよく覚えています。

小学校の6年の頃、図書室から本を借りる<競争>みたいなことがありました。
そこで図書室にいって適当に本を探していたら、表紙が真っ赤の本が目にとまりました。
あかね書房から出ていた<少年少女世界ノンフィクション全集>でした。そのうちの1冊を借りました。
探検家、人類学者のヘイエルダールが南米から葦の船で太平洋に漕ぎ出した<コンティキ号漂流記>
この本にハマりました。そこで全集の他の本を借りていきました。アフリカの探検記だとか・・
スウェーデンの地理学者ヘディンの<中央アジア探検記>、これにまたハマりました。
中学校以降、白水社から出ていたへディンの全集を買ってもらって、<自伝>やら<さまよえる湖>などを読んだり、同じく白水社から出ていた<中央アジアの探検記>の全集からイギリス、フランス、ドイツやロシアの歴史学者でありかつ探検家の物やら日本の大谷探検隊の物などに熱中していました。将来は中央アジア、特にタクラマカン砂漠周辺のオアシズに行ってみたくてたまりませんでした。そして中央アジアがイスラム化する以前の歴史に興味が移っていきました。高校の頃、東洋史学者の桑原隲蔵や白鳥庫吉などをわけもわからず読んでいたように思います。しかし本格的に東洋史などを勉強するには漢文の理解が必要になります。ところが漢文をはじめとして国語関連の成績は全くダメ!東洋史への夢は終わり。しかし未知な世界への興味は続きました。

さて時は移ろい、幼稚園の教員になって一番衝撃を受けた絵本

<ぞうのボタン>
img20231121_19313395.jpg

文字は一切なし!!
ページを移るごとに予期をし、物語を作っていく、楽しさ!
文字などというもの不自由さを思い知らされた一冊です。

幼稚園の教員をしていたので、幼児期から小学校低学年の頃の記憶が多少なりとも残っているのでしょう。

もみの木-アンデルセン

アンデルセン作の<もみの木>
この絵本はコペンハーゲン生まれのスベン・オットー・Sの絵で、日本ではほるぷ出版(1984年)から発行されていました。


森のなかに、もみの木が一本ありました。
お日さまや風に恵まれて育っていきました。しかしもみの木ははやく大きくなりたい一心でお日さまや風のことなど考えてもみませんでした。1年経ち、2年経ち、3年経ち・・・もみの木は立派な美しい木になりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
クリスマスが近づくと若い美しい木が切り倒され、枝も落とされず森から運ばれていきました。
これらの木がどこへ行くのか?スズメにたずねました。
「町へ行って大きな家の大広間に据えられ、すてきなものや何百本のろうそくで飾られていたよ」とスズメが教えてくれました。
もみの木は大広間に飾られたいと思いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次のクリスマスが近づいた頃、もみの木は切り倒されました。
切り倒され痛みで気を失いました。
気がついたら大広間の中央に据えられていました。

お菓子の入ったきれいな袋やリンゴ、クルミなどいっぱい枝に飾り付けられ、百本以上のろうそくが枝につけれました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夜になりろうそくに火が灯され、もみの木は輝かしい姿になりました。
扉が開き、おおぜいの子どもたちがいきおいよく大広間に入ってきました。
わーと叫んで、木の周りでおどりまわり、枝に吊るされているプレゼントを次から次へと、もぎとっていきました。
枝につけた品が全てなくなると、子どもたちは男の人からお話を聞きました。
子どもたちが帰り静かになって、もみの木は考えました。明日もすてきなものやろうそくできれいに飾られ、お話も聞けると。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
よく朝、もみの木は大広間から引きずり出され、陽の当たらない屋根裏部屋におかれました。
何日も何日も過ぎました。
ネズミが現れ、もみの木に「どこからきたの?」とたづねました。
もみの木は、森の中でお日さまや風に恵まれて育ったこと、クリスマス・イブのことなどを話しました。
次の日その次の日にもネズミたちが仲間を連れてもみの木に会いにきました。
もみの木は森の中にいた頃、クリスマス・イブの時、幸せだったことを思い出していました。
そのうちネズミたちも来なくなりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ある朝、もみの木は屋根裏部屋から外に出されました。
春になっていました。
もみの木は春の陽を受け、新しい生活が始まると思いました。
しかし枝は枯れ、子どもたちに踏まれバキバキ折れてしまいました。
森の中にいた頃の思い出、クリスマス・イブの思い出、ネズミたちにお話をした思い出、そんな思い出も「おしまい、おしまい!」ともみの木は言いました。
そこへ男が来て、もみの木を細かくわってたきぎの束にしました。
釜で焼かれ、パチン、パチンとはじけながら燃えていきました。
はじけるたびに、森で過ごした日々を、クリスマス・イブの夜を、ネズミたちにお話ししたことを思い出しながら。
そして燃えて尽きてしまいました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
悲しいお話ですね。<アンデルセン童話>と呼ばれていますが、子どもたちには難しい話ではないでしょうか。
大人にこそふさわしい話です。アンデルセンのお話にはそんな類のものがいっぱいあるようです。

人間とは罪深い存在です。一方の見方をすれば楽しいことかもしれませんが、翻って他方の見方からは全く別の世界になる。
アンデルセンはそんな感情を持った感覚豊かな<皮肉屋>なのかもしれません。日本の詩人「金子みすゞ」にも通ずるところがありますね。

ごきげんななめのてんとうむし

園庭の樹木の葉の裏には<アブラムシ>がべったりと付いています。
2019-05-24-001a7-2.jpg

テントウムシの幼虫が<アブラムシ>を食べているようです。
2019-05-24-004a7-2.jpg

テントウムシのサナギも
2019-05-24-008a7-2.jpg

そこで思い浮かべる絵本はエリックカールの<ごきげんななめのてんとうむし>
2019-05-24-010a7-2.jpg

2019-05-24-011a7-2.jpg

<アブラムシ><テントウムシ>のそばで絵本を観ました。

この絵本は初めの数ページ以降は時刻と太陽の位置の関係など時刻に関する話題に移っていきます。
もうじき<時の記念日>
今の季節にぴったりの絵本ですね。

音楽と絵本のコラボ(はなのすきなうし)

昔のLPレコードなどをまとめてCD化してセットとしたものを最近せっせと購入しています。

ピアニスト、マルタ・アルゲリッチのセットものを相次いで注文してきました。
今日届いた「martha argerichi the collection 4 complete philips recordings」
はなのすきなうし-4

このなかの1枚「動物の謝肉祭 その他」
はなのすきなうし-3
「動物の謝肉祭」の後に
Alan Rindout(1935-1996)
Ferdinand
for speaker and solo violin Text:Munro Leaf
という曲が入っています。
なにこれ?ピアノはなく、独奏ヴァイオリン(キドン・クレーメル)をバックにした英語の朗読です。

英語は不得意、とくに聞くのは全くのダメ!しかし
「once upon a time in Spain there was a little bull and his name was Ferdinand.・・・・」
となんとか聞き取れるではないですか!
あれ!どっかで見たことのある文章だな!
なになに?題名がFerdinand?文がMunro Leaf?
これは!
はなのすきなうし-2

日本語版は!
はなのすきなうし-1

偶然、こんな「発見」をしました。
「はなのすきなうし」は私の大好きな絵本の一つです。
アルゲリッチはFerdinandの録音には入っていませんが、この絵本は知っているのでしょうね。
外は雨、肌寒い空模様ですが、「うきうき」した気分に包まれています。

(これらのCD、本はすべamazonで取り寄せが可能です。)

<はなのすきなうし>についてはこちらをご覧下さい。
<みんなと同じでなくてもいいの!>

このCDに入っている他の曲

Alan Ribout (1935-1996) Little Sad Sound
A melodrama for speaker and double basss Text::David Delve

Frieder Meschwitz(1936-1983)  Tier-Gebete (Animals' prayers)
 for speaker and piano Text:Carmen Bernos de Gasztold

これらの内容、テクストなど知っておられる方がありましたら、ご教示下さい。

「読み聞かせ」は手段、個人が「読む」ことにつなげよう!

昨日は朝日新聞で、本日は中日新聞で絵本の「読み聞かせ」の話題が取り上げられていました。きっと多くのメディアで取り上げられていることでしょう。
本に親しみ、読書好きにする良い機会ですね。

でも、ちょっとへそ曲がりな私は、読み聞かせる側が「読み聞かせ」が目的になっている、そんな感じがしてしまいます。最近は大型の絵本も作られて、「紙芝居」とどこが違うのかな?と思ってしまいます。

本来「本を読む」という行為は個人的なもので、
本を選ぶ、それを読む、読んでいろいろな感想を抱く、また知識を得る・・・
こんな一連の行為が連なっているのです。

「読み聞かせ」てもらって、それでお終い!ではあまりにも単純!
「読み聞かせ」てもらった本を、今度は自分で「読む」に結びつけられるように配慮したらどうなのでしょう!
多くの人数に「読み聞かせ」たなら、終わったら、その本をたくさん用意して、「自分で」「読める」ようになっていたらいいのに!

さて、キッチンセットのある「ごっこ遊び」のコーナーが先週から他へ移っているので、「絵本のコーナー」にしてみました。
絵本コーナー1

置いてある絵本は、福音館発行の「こどものとも 012」
この絵本のシリーズは文字が少なく、ひらがなを多少読めるようになってきた、年長児が自分で「読む」にはちょうど良いものです。(でも、初めてページを開いた際は、ひらがなの「拾い読み」です。)

ここに本があるよ!と誘って、園児達が集まってきます。
今回は教師は本を読みません。
年長児が「読み聞かせ」ます。
絵本コーナー2
妹に読み聞かせています。

絵本コーナー3
別の年長児が別の年少児に読み聞かせています。

こんな光景に触発されて、今度は年少児が自分で絵本を選んで「読んで」います。
絵本コーナー4
文字は「読めない」のですが、絵を見ながら絵本の世界に入り「読んで」います。

まさに個人の行為として、絵本を「読んで」いるのです。

昭和幼稚園のHPへもお越し下さい。
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
ランキング
リンク
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR