長靴履いて、水溜まりに!

子ども達は長靴が大好き!!
水溜まりがあれば、長靴を履いて、どんどん入っていきます。


お母さんは、そんな姿を見ていると、
「ぬれちゃうのに!」
と、ちょっと困ってしまいます。

長靴と水たまり

子どもは長靴を履いて水溜まりに入るのが大好きなのに!
大人は長靴を履いても進んで水溜まりに入ってはいきませんね!
どうしてでしょうか?


大人は必要がなかったら、わざわざ水溜まりには入りませんね。下手をすれば、長靴に水が入り込んで、足がグチャグチャに濡れてしまいます。そんな気持ちの悪いこと、いやですよね!
行動の「予測」と「結果」がはっきりとわかってしまって、なおかつ「快感」をよばないからなのでしょう。

子どもはどうでしょう?
自分の子どもの頃の思い出として
長靴を履いて水溜まりに入ると、ひんやりとした感触が長靴の内壁から伝わってきて、なんとも不思議な気持ちになったのをよく覚えています。
そしてだんだんと深みに入っていくと、水圧で長靴の壁が足の甲やすねにピタッとついてきて、これもまた不思議な気持ちになりました。
そして、だんだん深みに入っていき、まだだいじょうぶ!と思いつつ、結局、深みに長靴ごとはまってしまい、長靴、足がグチャグチャになりました。グチャグチャになった長靴を履いて、踏みしめる時の足と長靴の底との接触する音と感触もよく記憶にあります。そのグチャグチャさが『気持ち悪いのか』、『いいのか』、どちらでもありだったような思い出です。小学校の低学年の頃まで水溜まりがあれば長靴を履いて、よくやっていたように思い出されます。

写真の子ども達も自分の子どもの頃と似たようなことを感じているのでしょう!
言葉では表現しにくい「なんともいわれぬ「表情」をしていますから!

長靴を履いて、水溜まりに入る・・・いろいろな「予測」とその「結果」が「揺らぎ」を生じさせているのでしょう!

大人達!、「水溜まりにはいっちゃ、ダメよ!」なんて『野暮』なことは言わないでね!
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

最新記事
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア