恩物とモンテッソーリの教具、どっちが楽しい?
モンテッソーリの教具は感覚の広い範囲にわたって対応するものが揃っていますね。こんなものまで揃えなくても!(例えば、温感筒、嗅覚筒・・・)と思うものまであります。さすが元医者!科学者!体系を作らないと気が済まないのでしょう!
モンテッソーリの教具は単機能ですね。使い方=「約束」が決められていて、「揺らぎ=遊びを生じさせるもの」が少ないと感じています。例えば、「円柱さし」を使って、円柱を対応する穴に差し込んでしまったら、もう後何もすることがない!・・。本来の使い方から離れて、もっと子供の自由に使えることはないかな?と常々思っておりますが、少し期待薄です。

一方フレーベルの恩物(特に第3恩物〜第6恩物までの積み木)では、決められた「約束」はわずか=内容を確かめ、きれいに箱に収めるという作業だけ!どう使おうが自由です。「遊びを生じさせる揺らぎ」がいっぱいです。内容を確かめ、きれいに箱に収めるという作業でもいろいろな要素(形や数の確認、手や指の巧緻性・・・)が含まれています。自由に組み合わせて使うことではもっともっと広範囲の要素に拡大させることが可能です。
恩物

恩物と円柱さし

第5恩物をいくつも使って、複数の子供で遊びました。組み合わせて建物や街ができ、どんどん変化していきます。そこへモンテッソーリの「円柱さし」を加えました。「円柱さし」は人形になりました。「円柱さし」を持って出来た「家」に入ったり、街を散歩したりしました。
活動の終わりには恩物も円柱さしも「約束」とおり箱や穴に収まりました。
「約束」は少なく、自由さがいっぱいの物の方が楽しい、またもっとやりたいと思うでしょう!恩物では飽きることはありません。モンテッソーリの教具では「約束」を果たしたら、お終い!
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

最新記事
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア