運動会の競技であった跳箱を跳び越すこと(年長児)、運動会が終わったら、もっと高い跳箱を跳び越そうという意欲が出てきています。(運動会は活動のピークではありません。次ぎへの1ステップです。)

運動会で使用した高さの跳箱とそれより高くて長い跳箱2つを用意しています。
跳箱-1

跳箱-2

1日中いつも跳箱で「跳び越し」をしているわけではありません。そんな時間は午前、午後合わせても1時間程度です。
(年長児に混じって、跳び越そうと列に入ってくる年中児もいます。)

「跳び越し」以外の時間は片付けてしまうのではなく、
組み合わせて、こんなコーナーにしています。

跳箱-3

自然と、年少児も年中児も年長児も集まってきます。
ままごとごっこの始まりです。

跳箱−5

先生も中に入って、一緒に遊びます。
料理を作ったり、家族ごっこがはじまったり、いろいろな「ごっこ遊び」が見られます。

跳箱-4

ここでは、跳箱は遊びの空間を作り出す「壁」になっています。

昭和幼稚園のHPにもお越し下さい。
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

最新記事
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア