感覚から色の世界で遊んでみましょうか!

今の季節、園内や園外保育に行ったりして落葉を集めてきました。

落葉の形や色は様々です。

たくさんの落葉を見たり、触ったりして形や色の感覚を蓄積していきます。
「落葉」という「概念」を形成していきます。

言葉ではとても表現しきれるものではありませんね。
言葉のような抽象的な記号ではなく、「感覚に直結した記号」=色紙で「おしゃべり」して(表して)みました。
[落葉はこんな色なんだよ!]という「おしゃべり」です]
色-分類2

色-分類1
(白に置かれた葉っぱはいろいろな色があって赤、茶、黄、緑に分類、当てはまらないもの)

赤、茶、黄、緑の4つの記号では研ぎ澄ました感覚にとっては不満です。(言葉ではうまく表せませんが、顔の表情などや置こうと部類する手の動きなど、で迷い不満が見て取れます。)

それでは、得た感覚に直結する方法で「おしゃべり」してみましょうか!=それは絵を描くこと!
色-絵1

色-絵2

色-絵3

落葉の部分はサインペンで描いて(形だけでなく葉脈も描きました)、コンテを使って混色をして、記憶の中にある落葉の色を再現していきました。
どうです!言葉ではとても表しきれないことができているでしょう!

さて、こんどは「葉っぱ」だけに注目してみました。
いつも園庭に用意してある「絵のコーナ」で葉っぱの色の「おしゃべり」をはじめました。
色-混色1
「おしゃべり」の結果はすぐに軒下に展示していきます。

それに誘われて「やる〜!」参加する園児がどんどん増えていきます。
クレパスで混色していきます。混ぜて、確かめ、違う色を重ね、また確かめ・・・、色がどんどん変化していきます。色が変化していくことが、新鮮で、楽しいようです。
色-混色2

ある程度色の重なりができたら、割箸を使って、葉脈を描いていきます。
色-混色

上の写真の4人組の「おしゃべり」の結果です。15分くらいでしょうか、お互い見せ合いながら、いっぱい「おしゃべり」を楽しみました。
色-混色3

色-昆色4

色-混色5

色-混色6

落葉をただ見るだけでなく、得た感覚を再現することで、豊かな感覚を構築し、知覚、概念へとつながっていきます。大人が用意するであろう「言葉」「記号」などが「大したものでない」ということがお分かりいただけるでしょう。

昭和幼稚園のHPへもお越し下さい

プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

最新記事
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア