ひょんなことからスピーカーの記事が目に入りました。

小型のスピーカーをバックロードホーンという形式の箱に入れて鳴らすもの。

学生時代から結婚するころまでオーディオに興味があったので、昔の興味が復活したようです。

ネットでいろいろ調べたら、本格的な木工工作をしなくても簡単にバックロードホーンの箱を作れるものがありました(長谷弘工業)。早速注文して昨日届き、組み立てました。
スピーカー

今日は朝からCD三昧。

そのうちの1枚
バックハウス、ベーム
バックハウスのピアノ、ベーム指揮ウイーンフィルでブラームスのピアノ協奏曲2番とモーツアルトのピアノ協奏曲27番。
レコードでは別々になっていました。高校2年生の時にこのブラームスの2番のレコードを買いました。その当時国内盤ではバックハウスの写真は眼鏡をかけていて、まるでマフィアの親分みたいな印象がありました。輸入盤コーナにはこのCDと同じ写真のものがありました。高かったけれど迷わずに輸入盤を買いました。現在と違って、その当時は輸入盤の方が高かった。(国内盤2000円、輸入盤は1割くらい高かったと思います。)曲だけではなく、買った時のそんな印象が強く残っているレコードです。そのころからブラームが好きになったようです。

また別の1枚
14番目の月
荒井由実の「14番目の月」
荒井由実の時代は私の大学時代とほぼリンクします。
FM放送で聴き新鮮な楽曲に驚かされましたが、レコードを買うような熱心なファンではありませんでした。
このCDは数年前に発売された荒井由実時代のアルバムなどをCD化したもの。
懐かしさで買いました。

14番目の月の歌詞
<<<<<<<<<<<<<<<<<<
あなたの気持ちが読切れないもどかしさ
だからときめくの
愛の告白をしたら最後 そのとたん
終わりが見える
・・・・
つぎの夜から欠ける満月より
14番目の月がいちばん好き
・・・・・・・・・・・・・・
<<<<<<<<<<<<<

この歌詞、まさしく<遊び>と同じ心理状態を歌っているのです。
結果が未確定な「ゆらめき」の状態。まさにそれが<遊び>であり<恋愛>であるのですね。
荒井由実さん、すごいな〜!感覚で本質を掴んでいるんですね。あらためて感じ入りました。
<遊びってなに?その2>もご覧下さい。
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

最新記事
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア