CDの出荷が年々減少しているのだそうですね。

私のような古い世代にとっては、音楽の媒体としては、単なるデジタルデータではなく、物として存在しているCDに安心感を持ちます。ジャケットの写真や解説書(読むか読まないかは別として)がまた音楽だけでなく別の楽しみをもたらします。そのような感覚からすればCDより大きいLP時代のほうがもっと良かった・・・

アマゾンやHMVを覗いてみると、昔のLPレコードがCD化され、格安で販売されているのをたくさんみかけます。セット物で1枚当たり数百円。LP時代では1枚2000円以上したものがたった数百円!!!本などと比較してみれば当時のLPは格段に高かったものです。10分の1以下の感覚です。

引っ越しや家の改装などで処分してしまったLPのCD化されたものに出くわすと、ついつい、注文のクリックをしてしまうことになっています。
そんななかのもの、ブルーノ・ワルターのモーツアルト、ブラームスの交響曲集など。
ワルター

懐かしい!
初めて聴いた高校時代の頃がいろいろ思い出されます。
モーツアルトの交響曲を初めて聴き、ブラームスのバイオリンとチェロの二重協奏曲でブラームスファンになったり・・・

CDが安く手に入る今、これは<良い時代!>。
しかし出荷が減って、価格が上がったり、無くなったりしたら、大変!
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

最新記事
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア