今、園庭ではバラの花が満開です。
バラ-1

毎日、登園すればバラの花が目に入ります。
(園庭にいる全員の目の網膜にバラの花の像が結ばれているはずです。)
しかしバラの花の記憶が全員に残っているとはかぎりませんね。
意識することによって単なる目の網膜上の<おぼろげな像>から記憶へと変わっていきます。

意識する方法?それは表現かな!
見た感覚を行動で! 『視線を花に釘付け』・・・
音声で『わー!』・・・
「言葉」で『きれい!』『すごい〜!』・・・
視覚的表出=『描く』方法で・・・・

バラ-2

バラ-3

バラ-4

こうして描かれた『バラの花』は皆の気付く場所の貼り出され、
また昼食時には各部屋を巡回して全員に紹介されます。

バラの花から発せられた光景が単に目の網膜上の<おぼろげな像>で終わってしまった場合でも、このような絵を紹介されることで、意識化していくでしょう。

また意識化、表現することによりバラの花の概念化も行われるでしょう。
<色、形、呼び起こす感情(きれい・・)等>

<昭和幼稚園のHPへもお越し下さい>

プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

最新記事
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア