毎日園庭では縄跳び、長縄跳びがみられます。
縄跳びが出来るようになった年長児、年中児が中心です。

2学期末に年少児も自分の縄をもらいました。
縄を丸めて、ボールのようにして投げて遊んだり、地面に縄を置いて、そこを跳び越したり・・・
縄に触れる機会をたくさん作っています。縄跳びの動作に誘うのはまだ先です。
しかし、年長児や年中児の縄跳びの光景を見て、自分達もやってみようと行い始める年少児も現れます。
短縄年少-1

短縄年少-2

やる気は満々でも、簡単には縄跳びはできません。
なかなか出来ないと、しだいに縄から離れてしまいます。

年長児が長縄で<郵便屋さん>をしています。
長縄年長-1

<葉書が◯◯枚落ちました。拾ってあげましょ!1枚!2枚!3枚!・・・>
長縄年長-2

順番を待っている子ども達のかけ声にあわせて、しゃがみながら長縄の回転に合わせて跳びます。
長縄年長-3

<縄跳びへの興味付け>として長縄に年少児も誘っていきます。
自分で縄を回して跳ぶ、短縄での縄跳びは難しても、回してくれている長縄では縄の動きに合わせて跳べるようになります。
長縄年少-1

長縄年少-2

<長縄跳び>で<出来た>という満足感を<短縄跳び>への動機につなげていきます。

こちらもご覧下さい。

<縄跳び用縄の製作>

<縄跳び-腕の動かし方>

<昭和幼稚園のHP>
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

最新記事
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア