ここ数ヶ月の間だけでもフランスで、アメリカで、バングラデシュで、ドイツで、そして日本で、テロ、大量殺人事件が発生しています。不幸にして亡くなられた方々にお悔やみ申し上げます。またご親族、関係者の皆様、無念のお気持ち、いかばかりかと拝察申し上げます。

2016-07-28-002a7-2.jpg

イスラム過激派の影響とか、人種差別とか、政治、経済上の格差、人間観の差別・・等々いろいろと取りざたされていますが、それらは表層上のことで、人間及び人間社会のもっている意識(あるいは無意識)の問題があると思えてなりません。
善悪、正誤、優劣、・・・といった二項対立の考え方が根底に横たわっているようです。そしてこの二項対立の根底が、なしかしら絶対化されているように思えてなりません。
曰く、「我々の主義は正しい」「我々は虐げられている」「このような人種は存在価値がない」・・・・
根底となることを絶対化しなかったら、善悪、正誤等も変わってくるでしょう。

政治的、経済的な格差をなくす、宗教間の差別化をなくす、人間観の差別意識をなくす・・・等々努力することは必要でしょう。しかし、「・・・なくす」という言葉に示されるように、意識してかあるいは無意識に「格差がある」ということが前提となっています。そしてそれが絶対化されているようです。だから根本的な解決には至らない。

立場を替えてみる、等、相対化してみることはできないのでしょうか。
「相手方の主義にたてば、どうか?」「虐げる根拠は?」・・・脱却できる可能性があります。
しかしなかなかできません。
それは意識下しているからでしょう。
意識下せずに行う、それは困難なことでしょう。

2016-07-28-008a7-2.jpg

仏典の<金剛般若経>では意識下ぜず行うことの大切さを、クドクドと述べています。
経の最後の部分で
---------------------------------------------------------------------
それでは、どのように説いて聞かせるのであろうか。説いて聞かせないようにすればよいのだ。それだからこそ<説いて聞かせる>と言われるのだ。
現象界というものは、
星や、目の翳(かげ)、燈し火や、まぼろしや、露や、水泡(うたたか)や、夢や、電光や、雲のよう、
そのようなものと、見るがよい。
・・・・・・・・・
(岩波文庫「般若心経 金剛般若経」中村元、紀野一儀 訳注)
----------------------------------------------------------------------
このような境地を目指すことが、「この世界の、人間の不可解さ」から脱却する方法の一つに思えます。
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

最新記事
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア