夏咲き誇っていたものが枯れたり、また今を盛りに咲き誇っていたり、結実したり・・・

次第に秋に移り変わっていきます。

2016-09-25-001a7-2.jpg

園庭にあるザクロの木に実がついてきました。

子ども達の頭上高くにあるので、なかなか気付きません。
ただ指差して注意を向けても、あまり関心がありません。

そこで、クラスの印を付けて、いつか食べようと誘いました。
2016-09-28-024df.jpg

2016-09-28-026df.jpg

2016-09-28-002df.jpg
クラスの名札がついたザクロの実です。

自分達が<食べる>ということで関心が高まり、気にするようになりました。


園庭では今、芙蓉の花が真っ盛りです。

2016-09-25-013a7-2.jpg

芙蓉のところに絵のコーナーを移動しました。

早速芙蓉の花を描く子どもも現れました。

2016-09-28-008df.jpg

描いた芙蓉です。

2016-09-28-014df.jpg

2016-09-28-010df.jpg


咲き誇っていたヒマワリも枯れ、子ども達も種をいっぱい取りました。
地面から引き抜いて、根が見えるようにしておきました。

2016-09-28-006df.jpg

この枯れたヒマワリを描く子どもも現れました。

曲がり具合や色を確かめながら熱心に描いていきました。

2016-09-28-021df.jpg


ただ見せるだけでは、子どもの興味や関心へ向けることは難しいことです。

視線を向けるだけでなく、自分自身のなんらかの<行為>(今の例では、『食べる』『描く』)に結びつけることが大切でしょう。具体的な行為では感覚を動員して、実際の動作を伴い、記憶に深く留まることに繋がるのでしょう。

子どもに限らず、大人の場合でも同様でしょうね。

<昭和幼稚園のHPへもお越し下さい>
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

最新記事
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア