FC2ブログ

真剣さ

広辞苑の新しい版の記事(しまなみ海道について)に間違いがあったとか、昨年の大阪大学や京都大学の物理の入試問題の解答に関してミスがあったとかの報道がありました。

どんな方が<しまなみ海道>の記事を書いたのか、入試問題を作成した方はどんな方なのでしょうか。
記事も入試問題も、必ず記事を書いた方、問題を作成した方以外の方でチェックをうけているはずでしょうが、見過ごされてしまったようです。

<しまなみ海道>の記事を書いた方やチェックをした方よりもっと詳しい方が世の中にはいっぱいいるのですね。
入試問題も不備を指摘した方は予備校の先生だとか。

思うに、<しまなみ海道>や物理の入試問題は、記事を書いた方、問題を作成した方、チェックをした方、それぞれの方の仕事(一番の関心事、研究のこと)とは離れていたことなのでしょう。
気持ちの上で、<やっつけ仕事>的なことがあったのではないでしょうか。

予備校の先生は入試問題を考察するのが一番の大切な仕事。そこに真剣さの度合いの違いがあるのでしょう。

2018-01-24-002a7-2.jpg

歴史上有名なアレクサンダー大王は、戦闘集団の先頭にたって敵陣に突っ込んでいったとか。それが最高指揮官としての使命であり、全軍を鼓舞することだという信念だったそうです。

与えられたことが今の自分の関心事から離れたことであったとしても、真剣な気持ちで(アレクサンダー大王的に)取り組みたいものですね。
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
リンク
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR