fc2ブログ

鬼は外! 投球の姿勢

節分が近づいてきました。

子ども達と教師が一緒に作った鬼めがけてボールを<えい!>と投げます。
2022-01-31-009df.jpg

木の板に乗って投げるようにしています。

ボールを投げる動作で、子ども、特に女児では、両足が開いて、投げる方向に身体が向き合ってしまい、遠方に投げられません。野球選手のように(右腕で投げる場合)投げる方向に左肩、右腕を投げる方向の後ろにそらして、足は左足が前、右足が後ろ、といった動作が遠くに投げる動作です。

言葉で書くと<ややこしい>ですね。
2022-01-31-001df.jpg

左足は前!、右足は後ろ!、身体を横向きにして!・・・など言葉をいっぱいかけなくても
板に乗って投げるように誘えば、<自然と>上記のような動作になります。
2022-01-31-005df.jpg

女児でもこのように
2022-01-31-006df.jpg

どうです!素晴らしい投球フォームでしょう!
2022-01-31-003df.jpg

言葉で<子どもをコントールすること>は性に合いません。
言葉で全てを言い尽くすことは難しいし、子どもが言葉で理解できることもまた難しい。

子どもだけではなく、大人の場合も同様でしょう。

言葉ではなく、感覚で理解できる状況を作り出すことが大切、重要だと思いませんか。
言葉は必要ですが、あくまで添え物、補助的なものです。

特にスポーツ、芸術の分野では顕著でしょう。

カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
ランキング
リンク
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR