fc2ブログ

AIは<賢い>のか?

ここ最近、健康のためなるべく歩くようにしています。

2023-02-12-008df.jpg

今日は、本屋に行って本を眺め、それから食事の場所をウロウロ探して昼食を食べ、それからテレビ番組に関する<テーマパーク>のような所を覗いてみて、・・・、大福を買おうと思いつき、ちょっと遠回りになるけれど餅屋に寄って帰途につきました。道すがら、かってちょくちょく来たところが近くかな?と思いウロウロしていたら(曇りであったためか、太陽の位置がわからなくなって)どの方向に向かって歩いているのがわからなくなりました。ウロウロしているうちに、学校統合で廃校になった小学校跡に出くわして、思わぬ<発見>があって、やっと帰りました。
ナビでも持っていたらこんなウロウロにならずに、もっと効率よく歩けたんでしょうね。しかしウロウロすることで小学校跡には出会わなかったでしょうね。

AIが進歩して人間にとって替わるようなことがよくいわれます。昨夜のテレビ番組でも、適当な語句を入力したら、それに相応しい文章ができるなどと紹介していました。原理的には多くのデータを集積してそれを元に出力していくわけですから、データの集積度が大きくなればなるほど<当たり前>の結論しか出ないように思うのですが、いかがでしょうか。今までなかったような<発見>は生まれにくいのではないかなと思うのです。

科学的な発見、例えばコペルニクスの地動説、アインシュタインの相対論、などは既存の考えとは全く異なる観点から、既存の観点の否定から出てきたものです。コペルニクス以前では惑星の運動をいくつもの周転を組み合わせて、地球の周りを回転すると記述していました。コペルニクス的転回は既存の考え方=地球の周りの回転を否定したことです。コペルニクス以前のデータは地球の周りの回転に基づいたものです。それをいくら集めたところで、否定するような結論にはなりにくく、中庸なことになるんでしょうね。相対論も同様、それまでの時空観の否定から出てきたものです。そこには人間の感覚に基づいた発想が大切かと思うのです。

2023-02-12-013df.jpg

AIは日常の生活には便利なものですが、AIに振り回されることなく、感性を磨いていきたいですね。

カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
ランキング
リンク
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR