FC2ブログ

<ヒトラーの時代>を読み了えて、<名取洋之助の写真集 ドイツ・1936年>と

<ヒトラーの時代>(中公新書)
著者池内紀氏は8月30日に亡くなられたそうで、お悔やみ申し上げます。(この本を購入した日でした)
img079.jpg

ヒトラーが独裁体制を確立していく過程が記述されています。特に興味を持ったのは「分かれ道(二)ー名取洋之助の場合」。
名取洋之助は10代後半にドイツに渡り、ちょっとしたきっかけで写真家になり、戦前、戦後にかけて一時代を築いた写真家、報道写真という分野の命名者、開拓者。著作の岩波新書<写真の読みかた>を私は20代に読んで、写真と文章の融合(嘘も真実も操る)の重要さを知った思い出があります。

そこに紹介されている(P65 図8 ブランデンブルク州コトブスにて)写真
img080.jpg

民族衣装をまとった女性たちが写っています。池内氏の文章で、民族衣装をまとった女性たちはドイツ人ではなくスラブ系のソルプ人とのこと。ベルリンオリンピック開催前後、対外的な関係でユダヤ人をはじめとしたアーリア人以外の迫害を一時的に抑制していた時期の写真で、民族衣装を纏わせているのはナチスの演出であると。名取洋之助はそんな演出に乗せられて撮影しているわけでなく、ナチスの意図を察しすぎているのだと。それが名取のナチス万歳のドイツから「分かれ道」なのでしょう。

<名取洋之助写真集 ドイツ・1936年>(岩波書店)も購入しました。
何点かコトブスにての写真があります。
img081.jpg
中央の民族衣装の女性たち、右端にナチスの腕章をつけた人物が写っています。何気ない写真のようですが、緊迫した状況を察することができます。

おじいさんと女の子の日常的な写真にも、「私たち好きこのんでこんな格好しているのではないわよ」という意味が読み取れるようです。
img082.jpg

この写真集は名取が死んで40年以上たって出版された物。生前はこれらの写真は封印されていたとか。
名取が生前にこれらの写真にキャプションをつけて写真集を作ったら、どんなものになったか、残念ながら叶わぬことです。

以前からナチス関係の事象になぜか興味があります。
タバコの害の啓発、労働時間の制限、休暇の必要性、労働に生きがいを持たせる政策(歓喜力行政策)、国民車(フォルクスワーゲン)の開発、住宅供給政策・・・・誤解を恐れずに言えば、人間性を高める政策の数々。どこぞの国のスローガン<月月火水木金金><欲しがりません勝つまでは>とは大違い。
ただし
適応範囲が限定されている=アーリア人のみ。アーリア人のみが優良人種で、スラブ人などはアーリア人の支配下、奴隷状態でアーリア人に奉仕すべき人種、ユダヤ人などは追放、戦争状態になり追放できなくなって抹殺の対象・・・・・
民族差別が根底にあるのですから、政策面だけで評価すべきものではありません。

どこの国でも多少なり民族差別的な面はあるでしょう。歴史的な面に大きく左右されています。ドイツでは中世以降、東方(スラブ人世界)進出に活路を見出した結果でしょう。どこぞの国も150年前から海を渡った大陸進出に活路も見出し、その過程で隣国の民族差別の形成に繋がるわけでしょう。
<活路を見出す>とは、そこから物的、人的な資源の収奪を根底にした政策でしょう。
今はそんなことあからさまにはできませんね。しかし巧妙になっているかもしれません。
国家、民族、といった集団として歴史的な面以外に、個々としての繋がりがもう一つの側面でしょう。一人一人の繋がりを大切にする配慮、後から形成される歴史的、社会的偏見に先立って常に大切にしてしておきたいことです。これは歴史的社会的な影響の少ない幼児期にこそふさわしい時期なのかもしれません。

翻って、もっと壮大にいってみれば、
ナチス的なアーリア民族と他の民族との優良意識の関係を
アーリア民族=人間に、他の民族=人間以外の生物に対応してみれば
人間の他の生物に対する優良意識とナチス的な優良意識と同じではないのではないでしょうか。
まさに人間は他の生物から収奪を繰り返しているのです。
もっと人間は謙虚にならなければいけません。



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
リンク
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR