FC2ブログ

毛虫と環境


夏から秋にかけて、樹木、特に桜の木には毛虫がつきます。

発生する数は年によって異なります。今年は9月になって多く見られるようになりました。

2019-09-17-023df.jpg

桜の木の下には
2019-09-17-011df.jpg

毛虫のフンがいっぱい落ちています。

フンの落ちている場所は柵で囲っています。
2019-09-17-013df.jpg

フンの落ちている場所を見上げると
2019-09-17-015df.jpg

この通り、毛虫が密集して葉を食べています。
2019-09-17-016df.jpg

当園ではあえて殺虫剤を噴霧することや、虫を落として殺すことなどをしていません。

柵で囲って、毛虫の領域、園児たちの領域と分け、園児たちと共存を主としています。

毛虫が園児たちを襲うことはありません。たまたま落ちてきた毛虫に触って痒みを生ずることがあるかもしれません。

<危害を加えるかもしれない>、あるいは<毛虫は害虫だから>という、根拠の薄い<優生思想>で無闇に虫を殺(殺処分)してもいいのでしょうか?

園児たちには実際の毛虫を見せたり、撮った写真で見たりして毛虫の存在を確かめるようにしています。
<触るとひょっとしたら、痒くなる感もしれないよ!>とか<大きくなったら何になるのかな?>
関心を持つように言葉かけもしています。

最近ニュースで<豚コレラ>の話題があります。感染した豚は殺処分されるのでしょうか。
以前にも<鳥インフルエンザ>や牛の<口蹄疫>で感染した個体だけではなく、同じ飼育場内のすべての固体が殺処分されています。人間の御都合主義のなせることです。ナチスのユダヤ人虐殺と本質的には同じこと。

<小松左京セレクション2未来>(河出文庫)に<人類裁判>があります。
人類が太陽系外の宇宙空間へ進出した未来の話。
野放図な資源開発や異星生命体への残虐な処分について、また人類の過去の人類や動植物、家畜に対する残虐な処分に対して<汎宇宙精神体連合>から裁判を受け、有罪となる、という筋書き。
地球生命体たる人類では人類を裁けないのでしょう。<汎宇宙精神体連合>という別の知的生命体を以ってでないとわからない。

園児たちには毛虫から、殺処分にに対する<悲しみ><哀れさ>などの感情、<御都合主義>の感覚などを感じ取ってもらいたいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
リンク
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR