FC2ブログ

学びはいつから

新型コロナウイルスの影響で社会活動が閉鎖しています。

2020-05-03-004df.jpg

学校でも4月に始まったばかりがすぐ休校状態になり、長く続いています。

いっそのこと4月を新学年という今までの制度をやめ、9月に新年度としたらという意見が出てきました。
すぐ実行するには社会制度そのものを変える必要があり、そう簡単にいくわけでもありません。

学び(教育)の開始をいつ始めるのか、すぐに学校の制度に無意識にとらわれ、4月だ、9月だと思ってしまいがちです。
しかし学校制度は一つの社会制度であって、個人の一人一人の学びとは完全に一致しているわけではないでしょう。
(一人一人は社会の一員ですから、社会全体の制度に大きく依存しているのですが)
本来、本当の学びの開始はその一人一人の個人の問題、課題であると思います。
(仕方なしに)学校に入ったから始める、でも興味のなく、身が入らない、なんて状態は結構あるのではないでしょうか。
(もっとも、社会制度によって規定され、学習意欲も始まる、という場合ももちろん大いにありうることでしょう)

昔<寺子屋>がありました。
寺子屋は個人学習の場だったようです。入学の時期、年齢も随時、学習意欲の始まりが寺子屋入学の始まり等。部屋にいるこども達の学習内容、進度もバラバラ、寺子屋の師匠はこども達の周りを巡回しながら、個人指導をしていった、ということです。
こんな状態こそ、本来の<学び>だと思うのですが。

2020-05-03-008df.jpg

学校制度が近世に確立され、集団での学習、年齢によってくくられる学習集団、一定の時期による入学などが整備されていきました。社会が必要とする<知的レベル、知識レベル、技能レベル、など>を高める役割を果たしてきました。
しかし集団としての向上は大切ですが、個々にももっと目を向けるべきかと思うのです。

一定の時期に集団としての<学び>の開始はあるにしても、<個々の本当の開始を見つけ>、また<見つけるように導く>ことが果たしてどれだけあるのでしょうか。
みんな同じ内容で、同じ進度でなければならない・・・ではなく、個々に内容や進度が異なっていてもいい・・・

2020-05-03-010df.jpg

学校時代は、なんとなくやらされている、必要とも感じない、・・・
社会に出れば、必要に迫られ、いろいろの学習が始まる・・・
多くの人が感じていることではないでしょうか。
学校でもそんな緊張感があればと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
リンク
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR