FC2ブログ

文明の絡み合い、融合

半世紀も昔、高校生の頃、たまたまボッケリーニのギター五重奏のレコードを聴きました。
ギターがイエペス、メロス四重奏団

img20210104_17552877.jpg

4番はファンダンゴと題名がついていて、第3楽章になると<怪しい>曲想になり、ギター、弦楽に加えてカスタネットも加わり<怪しさ>満開で終わります。
「なにこれ!これってクラシック?」強烈な印象が残りました。

ここ数年、ファンダンゴが気になり、CDをいくつか買ってきました。
チェンバロ奏者の曽根麻衣子さんの「情熱のファンダンゴ」やら「ラティーナ」ではスカルラッティやソレルのファンダンゴ。

ボッケリーニやソレルも入っているCD

img20210104_17583187.jpg

ファンダンゴはスペインの舞踏だとか。カスタネットを打ち鳴らしながら踊るようです。
img20210104_18231428.jpg

私はスペインに行ったこともないのですが、他のヨーロッパ諸国とは雰囲気が異なるようです。
スペインは長い間イスラムの支配下にあり、文明の衝突、絡み合い、融合があって他の諸国と異なるのでしょう。
異質の文明の衝突、絡み合い、融合から新しい世界が広がっていくのでしょう。

同質を保っていたのでは大きな飛躍はないでしょう。
我が国だって、大きな飛躍は外国(古代では中国、朝鮮、インドなど、近代では西洋諸国)との接触によってもたらされたものです。

教育も同じ。他を排除し、同質を求めるのでは、大きな飛躍はないでしょう。
<いじめ>など<同じでなければならない>という同質化を求めることが根底にあるのでしょう。

ボッケリーニのギター五重奏 第4番の第3楽章


ソレルのファンダンゴ(カスタネット入り)


ソレルのファンダンゴ 曽根麻也子さんで

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
リンク
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR