FC2ブログ

もうすぐ春

寒い日が続きますが、日差しが暖かくなりました。

今園庭で咲き誇っているのは水仙
2021-02-14-015a7-2.jpg

水仙の香りが漂っています。

桜に目を向ければ、芽はまだ小さく硬い。
2021-02-14-012a7-2.jpg

桃はどうかな
2021-02-14-007a7-2.jpg

小さな芽が出ています。
あと2週間ほどで「桃の節句」
日に日に大きくなるのでしょう。

登園した子供達が
水仙の香りを嗅いだり、桃の芽の成長に注目して
日差しの変化とともに<春の訪れ>を感じてもらえたらな。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

もうすぐ春ですね。

熊本県庁舎の庭にも、白の桃の花と紅の桃の花が隣り合わせに咲いていました。そこは時々の散歩道です。

「昭和幼稚園の便り」を拝見して、とても残念な気持ちがしています。あそびのアトリエ・リボンクラブ大阪池田ルームを主催しているジェリーさんの紹介で、昭和幼稚園のブログを知ったのですが、子どもたちの生き生きしている姿に、とても感動してきました。

友だちと連れ立って走ったり、飛んだり、おしゃべりして、笑いあったりしながら、自由さをもって遊んでいる姿は、それだけでも価値があると思います。

幼年期の子どもは、身近な友だちや周辺の大人の行動を模倣しながら、文化的価値を身に付けていくことができます。

ですから、昭和幼稚園の子どもたちは、あそびや運動や植物や絵画や音楽に豊かな価値があると評価するでしょう。結局、少し先を歩いている私たち大人の問題かも知れませんね。

>登園した子どもたちが、水仙の香りをかいだり、桃の芽の成長に注目して、日差しの変化とともに<春の訪れ>を感じてもらえたなら・・<

幼児教育者からの子どもたちへのメッセージとは、そのようなもので良いような気がします。そして、子どもたちはそれ以上に沢山のものを無意識に学んでいるでしょう。

最近読んだ本に書いてあったのですが「現在のワタシの意識は、過去は含んでいるけれど、未来は含んでいない」そうです。平易ですが、この言葉にえらく感動しました。

そういう意味では「今、ここ」は、掛け替えのない出来事のような気がします。

2022年の春まで幼稚園での生活が繰り広げられるとしたら、今しばらく子どもたちの様子を拝見させてください。

Re: No title

ジジ様

暖かいコメントありがとうございます。

今年度はあと1ヶ月ばかり、現在年長児と年中児です。
登園すると自発的に鬼ごっこで遊び始めています。
4月からは年長児のみとなります。
来年度も子供達の様子を綴っていきますので、よろしくお願いします。
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
リンク
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR