磁石って不思議ですね。

くっついたり、反発したり、離れていても、力を及ぼしています。
私たち大人は、学校で教えられ、知識とししているので、不思議さを感じていません。

しかし磁石という存在には縁遠く、磁石に対する知識もないとしたら、不思議に思うに違いありません。
幼児期にとって磁石はまさにそんな存在でしょう。

不思議さの原因はなんでしょうか?
一般的な感覚では
<物体同士が接しているから物体間に力の及ぼし合いがある>
手で押して物を動かしている、
紐をつけた物を紐を引っぱって動かしている、
野球ではボールにバットが当たってボールが跳ばされる、
手で相手の顔を殴る(直接手が顔に当たっている)と痛さと身体のバランスが崩れる、
自動車同士が接触して車が損傷を受ける(交通事故)、etc

しかし
<接触していないのに、力の及ぼし合いがある>
これが不思議さの原因です。

自動車につけた磁石と棒につけた磁石が離れているのに、棒を押すと自動車が動く!!
2018-02-23-089e3.jpg

隙間を開けた2枚のガラス板の片方で磁石を動かすと、
2018-03-02-097e3.jpg

片方の磁石が下に落ちずに止まっている!!
2018-03-02-099e3.jpg

上の、または下の磁石の動きに応じて他方の磁石が動く!!
2018-03-02-100e3.jpg

<物同士が接触して力の及ぼし合いある>という日頃の経験から得られている<感覚>からズレていますね!!

離れていても力の作用がある<遠隔作用>という概念は日常の感覚では<不思議で理解不能>です。
磁石でも不思議ですから、物体同士には(離れていても)万有引力という力が作用している(地球と太陽は力を及ぼし合っている・・)など不思議で理解不能なことです。

<遠隔作用の不思議さ、理解不能>を解消するのに、<物と物が接して力を及ぼし合う>という日常の感覚へ立ち戻るように形成された<近接作用>の概念、<場(field)、重力場、電磁場、etc>の概念を形成していったものです。

物理学など自然科学、自然観、に留まらず、<不思議、理解不能>なことがらへの解消には、日常の感覚への立ち戻りが本質的でしょう。
視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感を通して日常の感覚を形成し、それをもとに<世界>を認識し、<世界>を形成しています。究極的には<世界>の理解は五感を通した日常の感覚への還元であるといえます。
東京のある公立小学校が有名ブランドのデザインによる標準服(事実上の制服)を採用することで、ちょっとした話題になっています。

話題の論点は「一式8万以上で高すぎる!」「公立校なのにブランド化とはなにごとか!」にあるようです。
また通行人から<いやがらせ>を受けてているその小学校の児童もいるとか。

一般的に制服の機能として
(1)<所属する者とそうでない者を明確に区別する>
(2)<組織における立場や機能を重視したデザインになっている>
がありますが、

この話題では(1)のことでしか話題になっていないように思われます。
校長先生や賛成派は<いい派=帰属意識を高める>、
報道で知る限りの反対派は<値段に不満、そこまでしなくても>

さて(2)のことはどうでしょうか。
多分小学校生活に適応したデザインにはなっていないでしょう。
時間割による諸活動では別の服に着替えたり(体育では体操服など)しているでしょう。

学校生活での制服など(1)のことしか考慮してなくて、<そんなものいらないよ!!>と言いたくなるのですが、いかがでしょうか。

活動の内容、状況が刻一刻変化していくのが本来の幼児の活動であり、それに対応するのが幼児教育です。
ですから、固定した機能に制約される制服など必要なく、普段の服装でいろいろな活動を行なっていくのが幼児教育です。
ボールを追いかけて
2018-02-22-002a7-2.jpg

蹴って
2018-02-22-004a7-2.jpg

別の所ではフープを回したり
2018-02-22-008a7-2.jpg

フープを回すのから、縄跳びのように変化したり
2018-02-22-012a7-2.jpg

スカートの格好で雲梯渡り
2018-02-22-018a7-2.jpg

プールの壁によじ登り
2018-02-22-025a7-2.jpg

二人並んでプールの壁に腰掛け
2018-02-22-028a7-2.jpg

今オリンピックの試合がテレビでたくさん流れてきます。
各競技、選手達の纏っているユニフォームが機能美に溢れています。
スピードスケートでは空気抵抗を減らすため頭から全身をすっぽり包んでいるユニホーム、などなど。
制服の機能としての(2)を十分に活かし、その結果として<美>につながっている、素晴らしいことではありませんか。
(1)をいくら洗練させても(2)の洗練さに比べれば取るに足らないと思いませんか。

こちら(制服考)もご参考に>
本園には30台ほどのマリンバ(大型木琴)があります。

園児達はこのマリンバで合奏をしています。
2017-11-07-064df.jpg

また有志のお母さん達もこのマリンバで合奏を楽しみ(ママ・マリンバ)、本園の音楽フェスティバルに参加しています。
2017-11-23-076df.jpg

毎年園児や保護者向けにミニ音楽会を開催しています。
園児達が日常の保育で使っている楽器や、日常聴いている楽器を主体としています。
プロの人が演奏するとどうなるのか?
目と耳と身体で感じてもらいたいためです。

今回はマリンバ演奏会です。
本園の所有で一番大きな5オクターブの<コンサート・マリンバ>を使って
マリンバ・デュオ<なつかよ>さんにお願いしました。
2018-02-05-005df.jpg

<剣の舞><トルコ行進曲><ディズニー・メドレー>など、一緒に歌ったり、身体を動かして楽しみました。

今流行の<さくらんぼ>の曲が流れると、一緒に踊ったり
2018-02-05-031df.jpg

11月の音楽フェスティバルで演奏した<テキーラ>が流れると、
2018-02-05-018df.jpg

曲に合わせて『テキーラ!』『テキーラ!』とかけ声を合わせていきました。
2018-02-05-033df.jpg

早いマレットの動き、片手に2本、両手で4本のマレットを操る演奏を目にし、ダイナミックな音にも触れ、驚き、自分達と違うプロの演奏に感激した演奏会でした。

<なつかよ>さんの演奏をYouTubeで
今インフルエンザが大流行のようです。
インフルエンザ感染者で学級閉鎖になる学校も多いとか。

学級閉鎖をする理由はなぜでしょう。

子ども達ががそれぞれ徒歩で通学している場合、子ども達が狭い空間に缶詰状態になるのは、クラス単位の教室がほとんどでしょう。ですから、クラス単位で閉鎖して、感染者やまだ発症していないが保菌者との接触を遮断して、感染を防ぐ意味があります。

当園は通園バスを運行しています。通園バスでは教室以上に子ども達は缶詰状態になります。
通園バスには多数のクラスの子ども達が乗っています。
通園バスを運行している場合では、<狭い空間での缶詰状態をなくすことで感染予防をする>ということ考慮するなら、バス運行中止も考慮すべきでしょう。

通園バス運行中止をするのは、ちょっと現実的ではないかもしれません。
感染者が非常に多くなってしまったら、園全体を閉鎖してしまう方が現実的かもしれません。
昨年は園全体を閉鎖する状態になってしまいました。
今年はまだそこまでになってはいません。

さて、今日は節分、明日は立春。

春がそこまで来ているようです。
木蓮の芽も大きくなりました。
2018-02-03-009a7-2.jpg

チューリップの芽も地面から出てきました。
2018-02-03-019a7-2.jpg

しかし、桜の芽はまだ小さく硬いようです。
2018-02-03-005a7-2.jpg

まだまだ寒波の到来も予測されているようです。
植物はそれにめげず、私たちに春の到来を告げています。
広辞苑の新しい版の記事(しまなみ海道について)に間違いがあったとか、昨年の大阪大学や京都大学の物理の入試問題の解答に関してミスがあったとかの報道がありました。

どんな方が<しまなみ海道>の記事を書いたのか、入試問題を作成した方はどんな方なのでしょうか。
記事も入試問題も、必ず記事を書いた方、問題を作成した方以外の方でチェックをうけているはずでしょうが、見過ごされてしまったようです。

<しまなみ海道>の記事を書いた方やチェックをした方よりもっと詳しい方が世の中にはいっぱいいるのですね。
入試問題も不備を指摘した方は予備校の先生だとか。

思うに、<しまなみ海道>や物理の入試問題は、記事を書いた方、問題を作成した方、チェックをした方、それぞれの方の仕事(一番の関心事、研究のこと)とは離れていたことなのでしょう。
気持ちの上で、<やっつけ仕事>的なことがあったのではないでしょうか。

予備校の先生は入試問題を考察するのが一番の大切な仕事。そこに真剣さの度合いの違いがあるのでしょう。

2018-01-24-002a7-2.jpg

歴史上有名なアレクサンダー大王は、戦闘集団の先頭にたって敵陣に突っ込んでいったとか。それが最高指揮官としての使命であり、全軍を鼓舞することだという信念だったそうです。

与えられたことが今の自分の関心事から離れたことであったとしても、真剣な気持ちで(アレクサンダー大王的に)取り組みたいものですね。
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

最新記事
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア