砂場の周りに柵を置いて、園庭を砂場がある側と砂場の外の側を区別してみました。完全に区別したのではなく、出入り口を設けています。
2017-05-09-003df.jpg

砂場の側では、砂場の玩具(コップやシャベル)使って、<ままごと>や砂いじりの遊びが始まっています。
2017-05-09-011df.jpg

2017-05-09-019df.jpg

柵で園庭を区切ってなかったときには、砂場の玩具を園庭の至る所に持ち出していたのですが、今度は柵の出入り口を通って柵の外の空間に持ち出した玩具はほんの少しです。
2017-05-09-001df.jpg

2017-05-09-002df.jpg

柵から大分離れた所にある、ボックスを繋げて作った<テーブル>を囲んでいる子ども達、たまたまそこに座ったようです。
2017-05-12-033df.jpg

玩具もなく、なにをしているのかな?と覗いてみると、<ボックス>に開いた穴(ボルトを通してボックスを繋げるようにするための穴)に指を入れて遊んでいます。
穴に指を入れて出し入れしている<感触>が楽しいのでしょう。この穴も玩具になっているようです。(水に触れて水の感触を楽しむようなことに近いのでしょう。)

「草もこの穴に入るよ!」と近くに生えている草を抜いて子ども達に渡しました。
2017-05-12-035df.jpg

早速、草を集め始めました。
2017-05-12-043df.jpg

2017-05-12-040df.jpg

2017-05-12-038df.jpg

「おもしろそーだな」と子ども達が集まってきました。
2017-05-12-047df.jpg

園庭のいろいろな所から草や葉を持ってきます。
2017-05-12-051df.jpg

私も子ども達と一緒に植物を捜しにいきます。(子ども達より私の方がよく知っていますからね)
2017-05-12-055df.jpg

たくさん草や葉が集まりました。一人の子どもが「園長先生の誕生日?」と聞いてきます。「ちがうよ」と答えるけれど、誰かの誕生日パーティーになったようです。
2017-05-12-065df.jpg

2017-05-12-067df.jpg

<宴>のあと
2017-05-12-070df.jpg

区切られた<空間>、誘発する物(玩具)が遊びを誘発します。

柵で区切られた空間と砂場遊びの玩具、
ボックスを繋いだ<テーブル>の周囲という空間とボックスの穴というもの(玩具)
同じ<テーブル>の周囲という空間と草や葉という物(玩具)

それぞれの空間で物によって遊びの様相も異なってきます。

<昭和幼稚園のHPへもお越し下さい>
鯉のぼりを見ていると、ほんの数分間で風の状態により様々に変化しています。
勢いよく泳いでいる
2017-04-28-001df.jpg

風が止んで、ぐったり
2017-04-28-098df.jpg

また風がでて、泳ぎはじめ
2017-04-28-083df.jpg

水平より上に跳び上がったり
2017-04-28-147df.jpg

向きを突然変えたり
2017-04-28-143df.jpg

見ていて飽きません。(上の写真はほんの数分間で撮影したものです。)
私は子どものころから鯉のぼりを見ているのが好きでした。(親の話では、見とれていて交通事故にも会ったそうです。)

園児達も私の子ども時代と同じでしょう!
刻々と変化する鯉のぼりの姿に見とれています。
2017-05-02-008a7-2.jpg

この鯉のぼりの状態を、時と場所を離れて、言葉で表現し伝えるのは、大人でもなかなか難しいことです。
言葉にかわる表現手段、映像では、言葉では言い尽くせないことをいっぱい含んでいます。
こんな手段の一つとして絵画、それもありきたりな方法でなく、見た感覚を活かした方法で
2017-04-21-097e3.jpg

2017-04-21-098e3.jpg

2017-05-05-006a7-2.jpg

2017-05-05-008a7-2.jpg

これらの絵から、風で刻々と変化している鯉のぼりの姿が伝わってくるでしょう。

<昭和幼稚園のHPへもお越し下さい>
先週は砂場用の玩具の収集にバケツを使いましたが、今週はロープを付けたタライも出してみました。
拾った玩具をタライに入れます。
2017-04-24-101a7-2.jpg

2017-04-24-103a7-2.jpg

入れたらロープを引っぱって、玩具を捜しにいきます。
2017-04-24-104a7-2.jpg

2017-04-24-106a7-2.jpg

バケツでも玩具を集めています。
2017-04-26-038a7-2.jpg

砂場以外のいろいろな所に玩具があります。
2017-04-27-046a7-2.jpg

ロープを引っぱっている子ども達がみんな同じ方向に行こうとしているわけではありません。
力の強い子の方向に引きずられたり、止めようとしたり・・・いろいろな場面に出くわします。
2017-04-24-113a7-2.jpg

2017-04-27-047a7-2.jpg

タライに拾った玩具を入れて引っぱるばかりではありません。
タライを引っぱること(玩具は関係ない!)が楽しい子もいます。
2017-04-26-041a7-2.jpg

いっぱい集めたら、元々の玩具の<かご>に戻します。
2017-04-27-050a7-2.jpg

2017-04-26-040a7-2.jpg

玩具を分類して<かご>に戻します。
2017-04-24-150a7-2.jpg

2017-04-27-056a7-2.jpg

「こんな所にも玩具がある!」と自分以外の行動を<発見>したり、
数人でタライを引っぱる時、お互いの意思がバラバラで、自分の思う通りにならないことを味わったり、
玩具を<分類>して元の<かご>に戻したり・・・・・

遊びの多様性、ダイナミックな展開ですね。

<昭和幼稚園のHPへもお越し下さい>
コップやシャベルなどの砂場で遊ぶ玩具をいろいろな所に持っていき、そこで遊びに飽きてしまうと玩具をそのまままにして、子どもはほかの場所に行ってしまいます。
園内のいろいろな所に玩具が散在しています。

2017-04-21-001a7-2.jpg

そこでバケツを2人の子どもに渡して、集めて元の場所に戻すように誘いました。
2017-04-21-005a7-2.jpg

2017-04-21-007a7-2.jpg

遊具の上の玩具・・・
2017-04-21-008a7-2.jpg

学年は違いますがバスコースが同じ2人です。お互いに「◯◯(名前)隊長!」と呼び合いながら、取り残された玩具をせっせと集めます。
2017-04-21-014a7-2.jpg

バケツにたくさん集まったので、元々玩具の入っていた<かご>に戻すのかな?と思ったら、さにあらず!
2017-04-21-015a7-2.jpg

玩具で遊んでいる子どもの所でもたくさんある玩具の内<使ってなさそうな>玩具を取ってバケツに入れようとします。
「遊んでいるの!ダメ!」と拒否されることにも出くわします。
2017-04-21-018a7-2.jpg

「これは◎◎ちゃんの玩具!いま運動しているけど、また遊ぶからダメ!」と言われています。
2017-04-21-021a7-2.jpg

今度は、「欲しいのあげる!」と集めるだけではなく、配りはじめました。
2017-04-21-023a7-2.jpg

2017-04-21-025a7-2.jpg

集めたり、配ったり、他の子ども達の所をぐるぐるまわっています。
2017-04-21-029a7-2.jpg

そろそろ部屋に戻る頃になりました。バケツを他の子どもにも渡して散在している玩具を集めるように誘いました。
2017-04-21-030a7-2.jpg

2017-04-21-031a7-2.jpg

手を伸ばして、せっせと集めます。
2017-04-21-034a7-2.jpg

最後はバケツに集めた玩具を元々の<かご>に入れて終わりました。

2人にバケツを渡して、約30分。砂いじりの遊びではなく、
集めたり、拒否されたり、配ったり、・・・<他の子どもとの思い(同調、拒否など)>を感じてきたでしょう。
また集める道具としてのバケツを意識したかもしれません。(大人にとっては水を入れて運ぶ道具ですが)

日常の行動の中に生活に必要なことを習得する様々な機会があることが見て取れます。
パズル的なドリルをいっぱい行ってもこんな多様な学習にはなりません。

これから先の人間性が不透明になっていく時代、ますます生活、感覚に根ざしたことが大切に思うのです。
やっと桜が満開になりました。
2017-04-13-032df.jpg

桜の下で縄跳び! 清々しい気分です!
2017-04-13-002df.jpg

チューリップも満開です。
チューリップの赤や黄色、桜の桜色に誘われて、紙にいろいろな色を付けて、色を確かめています。
2017-04-13-008df.jpg

風に吹かれて舞い落ちた花びらを集めます。
2017-04-13-015df.jpg

2017-04-13-014df.jpg

新年度が始まって1週間。
新入園児も落ち着いてきました。
プロフィール

m.k.masa

Author:m.k.masa
諸々の事柄に、なぜ?、どうして?という感覚をも持ち続けたい幼稚園園長です。
京大理学部卒、大学院修了
(うさぎ年です)

最新記事
ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人気ブログランキングへ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア